2018年10月12日

《『現状維持は後退である』をスローガンに!》

【50周年を目指して】今年8月で45周年を迎えグループ会社を含めスタッフ総勢25名となりました。



この人材不足が叫ばれるご時勢にこれだけのスタッフが会社に集い、その才能と力を発揮してくれることに本当に感謝です。
(それほど多くの経験をしたわけではありませんが、)私自身3年間会社の代表を務めてきた中で、不動産業界の中だけでも、想像以上に世の中は刻一刻と進化し、変化するスピードが速いと感じています。
今の状況に不足や不満があるわけではありません。しかし、現状維持を目指した時点で時代の流れに乗り遅れ退歩してしまうかもしれません。退歩しないためにも進歩を心がけ、常に危機感を持った姿勢であり続けたいと考えます。
ウォルト・ディズニーは「ディズニーランドはいつまでも未完成である。現状維持では、後退するばかりである」と語っています。
テーマパークや映画、様々なキャラクターが世界中で愛され、人気があるのもディズニーが「不変のもの」や「絶対のもの」ではなく、そういった存在であるために、絶えず変化し、その時代にあった進化をしているからだと思います。
まずは、『現状維持は後退である』の言葉を掲げ、今よりもっと時代に適したお客様へのサービスを提供出来る会社になれるよう、スタッフ一同努めます。
それには、会社で働くスタッフ自身の「働き甲斐」に対する満足度が高いほど、お客様へ提供できるサービスの質は向上されるとの考えから、試行錯誤の中ではありますが、トップレベルの雇用条件、人材育成を目指します。 
50周年にむけて、お客様への感謝のイベントや、新社屋構想を含め様々な計画がありますが、まずは、スタッフが楽しく充実感を持って働ける環境作り、そして誇りを持って「広田住宅センターで働いているんだ!」と胸を張って貰える様、より良い風土・文化を整えることに努めます。
【須藤取締役就任】
創業45周年を機に、会社に大きな変化がありました。創業以来始めて親族でない人物の役員就任です。
 須藤恵一取締役営業部長。いつも元気で、朝礼では誰よりも大きな声で朝のスタートを引き締めてくれます。私より6歳年上、会社では皆のお兄さん的存在で、現在は賃貸仲介と管理の責任者として、その手腕を奮ってくれています。
 その彼が、このたび会社の役員として就任してくれたことは、広田住宅センターにとっての新しい風が吹くことになり、これからスタッフの中で望む者には明確なキャリアアップを目指せるお手本が存在することになりました。
 これからも彼に助けられ、責任が増した彼を今度は私がフォローし、今まで以上に喜びを分かち合い、弱さを補い合いながら大切なスタッフ達と共に歩んでまいります。
【メンテナンスが必要】
建物はメンテナンスを定期的に行えば、長生きします。ところが修理費や改装費を勿体無く感じてお金をかけないと徐々に朽ちていき、建物の価値が失われていきます。
人間の身体もその通りなのだな、と最近メンテナンスの必要性を感じています。若い頃は、無茶をしても身体が持つのでそれほど意識はしませんでしたが、40歳を超えた昨年あたりから、ためこんできた無茶が顕在化するようになりました。40歳の厄年前後はまさにそう言う時期なのかもしれません。
仕事ばかりやってきた父の姿を見てきて、そんな猛烈な働きぶりの中で、更に地域のために様々な会に参加している父を、周りの方も好意的に評価して頂いていたので、そう言うものなんだと尊敬し育ってきました。自分も同世代の中では(能力や成果は別として)仕事に一途に取り組んできた自負があります。それがカッコ良いと思っていた節もあります。
最近、スタッフ達、同世代の社長さん達の話を聞くと、自分の健康や家族との時間を犠牲にして『働くことは尊いことだ』と全てにおいて優先するのは、そろそろ時代に合わなくなってきた部分も感じます。筋の通った価値観は大切ですが、頑固にならない程度の柔軟性も大切です。
特に、今年の1月に長男が産まれてから、毎日成長する彼の姿を、どれだけ仕事や付き合いを理由に見過ごしてきたのだろう、と帰宅する時間にはスヤスヤと眠る息子の寝顔を眺めながら後悔することがあります。彼が成人する時、私は還暦。果たして、その時、どんな姿で彼とお酒が飲めるか。 
学生時代に毎日柔道をしてきて蓄えた健康貯金がとっくに底を尽きています。まずは、今年中に定期的に健康診断をし身体の状態を知りメンテナンスすることにお金をかけ、運動する習慣を復活させ、体重を減らし、早寝早起きを心がけ、ダラダラと働く時間を減らし、今まで以上に効率的な仕事が出来ないか絶えず工夫し、『現状維持は後退である』としてお客様からの信頼を、家族と安らかな時間を、自分に健康を、手に入れたいと願います。

平成30年10月2日 秋風の気持ち良い夜に 広田金次郎
  


Posted by 広田 誠四郎 at 10:00リードプランニング

2018年09月24日

8月で45周年を迎えました


【30年前の売買契約書】高崎夏祭りの最中に、仲良くして頂いている不動産会社の社長から私の携帯に着信。
 「平成元年頃なんだけど、そちらで購入したTさんの契約書類控え残っているかなあ、、、」と、ご相談を聞きながら会社の契約書保管庫を探してみると、、、ありました!あまりにも早く(1分もかからず)見つかり、そのあまりの早さに自分でも驚いてしまいました。社長も「これで、今回の取引に売却益が出ていない証明になって、何百万円分の税金を払わなくなって良くなったよ!Tさんにも報告しておくよ!ありがとう!」と大興奮。
 自分の事を何かと気にかけてくれる不動産業界の先輩に少しですが恩返しができました。また、過去弊社が取引して頂いたお客様に30年後も変わらず安心と信頼を(間接的にでも)御提供できたと言う事は何よりも嬉しいです。普段からきちんと管理、整理整頓してくれているスタッフに感謝。
 それにしても、昔の契約書はB4サイズの紙で一枚。作る手間がかからなくて良いなぁ。
【父が写真集に!?】昔の~、と言えば最近発売された写真集「高崎市の昭和」(発行・いき出版)を縁あって閲覧する機会がありました。その時は、なんとなく眺めた記憶がありましたが、後日、私たち父子でお世話になっている地主の土方様よりお電話をいただきました。「倉賀野の聖火リレーランナーが写っている写真。あれは、広田君のお父さんじゃないの?」
『◆今22時すぎ。テレビではアテネオリンピックの聖火リレーが40年ぶりに東京で雨の中で行われたと報じている。そういえば私も東京オリンピックの聖火リレーでトーチを持った写真があるわけだ。昔のアルバムを探してみたが出てきたのはこの1枚のみ。私がどれだか分かりますか、私の右が高商の須藤誠司(高崎市管理課長)君、すぐ前が陸上の後輩高橋正治君と本多和彦君、前列トーチの右が同期の落合稔(現宮本)君である。懐かしい倉賀野での写真である。(2004年6月6日広田誠四郎執筆リード原稿より)』
 上述の通り、確かに父は1964年10月に高崎を通過した聖火リレーの走者であったという事です。が、それにしても写真集には各走者とても小さく写っている写真でしたのにご指摘いただいたことに驚き。父の方でも確証が得られないので、断言出来ませんし、何度か走行の編成を変えていたようなので、今回の写真に写っているかは定かではありませんが、間違いなくあの時、あの場所に父は走者としていたそうです。
【会社経営という種目のリレー走者】冒頭の取引の話が30年前。バブル景気に陰りが見えてきた頃。当時高崎でも元気の良かった不動産関係の会社で、今も元気が良いままの会社はどれほど残っているでしょうか。
 おかげさまで、今年の8月31日で、弊社は父が個人会社である前身の広田住宅センターを興して45周年となりました。平成19年、現在の「株式会社」に改組するために、不動産免許番号更新回数が(9)から(1)に変わった事が父にとっては無念であったようですが、何にせよ地域の皆様に期待され、信頼されて、ここまで長く続けさせて頂いている事に改めて感謝申し上げます。
 昭和、平成、次の時代へと続く会社のバトンを託された私が、次の走者にどのような形でバトンを託す事が出来るかはわかりませんが、自分なりに楽しんで無理せず、けれど少し背伸びして、何より息切れしてリタイヤなんて事がないように、不動産業を邁進して行きます。(聖火リレーと上手に絡めた文章にしたかったのですが、筆力不足につき無念)
【尊敬する探偵さん】私の中では「少し世の中を斜に構えながらも難事件を解決する姿がカッコいい!」と言うのが探偵のイメージなのですが、私が知る渡辺さん(職業:探偵)は、まずとにかく声が大きい。体も大きく、返事も笑い声もとにかく豪快で、遠くからでもすぐにわかります。人情味厚く、涙もろく、今まで知る限り、まるで私の探偵像と逆を行くタイプですが、なんとも人間味溢れ、本当に人物として尊敬できる素敵な方です。
 その渡辺さんが「今朝の台詞」と題して、友人・知人に毎朝、哲学的な、時にはクスッと笑わせてくれる言葉遊びなど、一日のスタートが元気になるメッセージ(台詞)を送ってくれます。そして、今回周りのファンの方に押され、それらの台詞を選り抜いた電子書籍を出版されました。
 今まで送られた台詞だけでなく、【補足】として、当時そのメッセージを送った背景や心情、解説が書かれていて、個人的には、渡辺さんの魅力がぎっしり詰まった文章に触れることが出来、久しぶりに心が満たされる読み物でした。ご興味もたれた方。現在のところ電子版のみとなっているようですが、「コロンボ渡辺」で検索し、ご購入ください。

 
平成30年8月31日
平成最後の夏 広田 金次郎  


Posted by 広田 誠四郎 at 14:23リードプランニング

2018年08月11日

念力をゆるめないように過ごしたい大暑の7月

【暑いのは好きですが…】今年は早々にトップレベルの夏が来たといった模様。8月生まれで暑いのが大好きな私ですが連日自動車内はサウナ状態。車内は何度も40度超え。
年齢を重ねるごとに極端な気候には身体がついていかなくなる事を感じ大好きな夏に対して気持ちとは裏腹に疲れやだるさを感じ「これが夏バテか!」と驚いています。(40歳の身で嘆くのは「まだまだ早い!」と怒られそうですね。)
皆様くれぐれも無理をなされないように。エアコンも暑いときにつけるのではなく、一定して室内の温度を保つことが大切とのこと。こまめな水分補給も意識しながら、くれぐれもご自愛ください。

【サッカーW杯】熱いといえば、熱戦を連日繰り広げたのがサッカーワールドカップロシア大会(6月30日~7月15日)。私が小学校の頃は漫画「キャプテン翼」が全盛期。かじった程度ですがサッカーをやった身として毎夜毎試合ほぼテレビ観戦。お蔭様でこの期間は連日寝不足でした。
普段は日本代表の試合にしか興味が無いのですが、世界大会となるとワールドクラスの技術を観ては感嘆し、知らない選手の活躍を観ては慌ててインターネットで選手のプロフィールをチェックしたりと、意外にテレビ観戦でも大忙し。
日本の決勝トーナメント出場の為にとった戦術には賛否両論ありましたが、批判をしたり、賛同したりは、それだけどちらも熱心に応援している証拠。
日本代表の西野監督は帰国会見の中で、ポーランド戦翌日の6月29日に「ある選手(※長友選手)が、突破した後のミーティングで発言した。小さな選手でしたけれど『ブラジル』と言った瞬間、言葉を詰まらせた。(※前回W杯ブラジル大会で日本は予選敗退)泣きじゃくりながら思いを言った。グループステージを突破した翌日なので、回想しながら詰まってしまった瞬間があった」と明かしました。
このエピソードだけで選手や関係者達が4年間この日の為に、費やしてきた時間、ハードな練習をこなし、ファンの期待に応えるというプレッシャーに耐えてきた想いを感じ、私には心から拍手を贈る事しか出来ません。
【ベトナム教育里親の会・里親ご協力のお願い】ハノイ市教育養成所が市内の就学困難の子弟から毎年25人の里子を推薦、私たちがその1人と里子・里親の関係になる1994年から続く「里親制度」です。
毎年この時期になると、父(誠四郎)からも皆様にご協力お願いする文面が載っていたので、ご存知の方も多いと思います。
現在今年9月の新学期に入学する里子25名のうち、15名分のご協力を頂いています。費用は、年間12000円。5年間のお付き合いをお願いしています。
5年間のお付き合いが難しい場合でも賛助会員としてご寄付、ご協力いただければ、幸いです。残り10名の里子や退会者が出た方の不足分に補填させて頂きます。
お問い合わせは、佐藤正雄会長(税理士法人 湧志会計内 佐藤税理士宛 027-226-6110)まで何卒よろしくお願いします。

【俳句で感じる夏】「念力のゆるめば死ぬる大暑かな」(村上鬼城)。今年の大暑は7月23日、群馬県の最高気温39度。正に俳句に詠まれた通り。8歳で高崎に移り住んでから、終生過ごした鬼城のこの句が刻まれた句碑が今も鞘町に建っています。暑い日にこの句碑を見かけると、暑さが増すように感じるのは私だけでしょうか。
「五月雨をあつめて早し最上川」(松尾芭蕉)は有名ですが調べると、同じ最上川を詠んだ「暑き日を海に入れたり最上川」という句もありました。同じ題材を季節の違い含め、全く違う情景を想像させる技量には、驚嘆するばかりです。
その他、「炎熱や勝利の如き地の明るさ」(中村草田男)。炎熱という表現と良い、勝利と表現と良い、真夏を讃える熱さテンコ盛り句を詠むと、暑すぎてもう笑うしかない子供の頃の夏の空気が感じられて、ウキウキします。
最後に、故郷の水辺を詠んだ納涼一句で。「夏河を越すうれしさよ手に草履」(与謝蕪村)。今年の高崎祭の花火は、烏川の河川敷から眺めてみようかな。

7月31日 お囃子の稽古音を聞きながら 広田金次郎
  


Posted by 広田 誠四郎 at 18:50リードプランニング