2018年08月11日

念力をゆるめないように過ごしたい大暑の7月

【暑いのは好きですが…】今年は早々にトップレベルの夏が来たといった模様。8月生まれで暑いのが大好きな私ですが連日自動車内はサウナ状態。車内は何度も40度超え。
年齢を重ねるごとに極端な気候には身体がついていかなくなる事を感じ大好きな夏に対して気持ちとは裏腹に疲れやだるさを感じ「これが夏バテか!」と驚いています。(40歳の身で嘆くのは「まだまだ早い!」と怒られそうですね。)
皆様くれぐれも無理をなされないように。エアコンも暑いときにつけるのではなく、一定して室内の温度を保つことが大切とのこと。こまめな水分補給も意識しながら、くれぐれもご自愛ください。

【サッカーW杯】熱いといえば、熱戦を連日繰り広げたのがサッカーワールドカップロシア大会(6月30日~7月15日)。私が小学校の頃は漫画「キャプテン翼」が全盛期。かじった程度ですがサッカーをやった身として毎夜毎試合ほぼテレビ観戦。お蔭様でこの期間は連日寝不足でした。
普段は日本代表の試合にしか興味が無いのですが、世界大会となるとワールドクラスの技術を観ては感嘆し、知らない選手の活躍を観ては慌ててインターネットで選手のプロフィールをチェックしたりと、意外にテレビ観戦でも大忙し。
日本の決勝トーナメント出場の為にとった戦術には賛否両論ありましたが、批判をしたり、賛同したりは、それだけどちらも熱心に応援している証拠。
日本代表の西野監督は帰国会見の中で、ポーランド戦翌日の6月29日に「ある選手(※長友選手)が、突破した後のミーティングで発言した。小さな選手でしたけれど『ブラジル』と言った瞬間、言葉を詰まらせた。(※前回W杯ブラジル大会で日本は予選敗退)泣きじゃくりながら思いを言った。グループステージを突破した翌日なので、回想しながら詰まってしまった瞬間があった」と明かしました。
このエピソードだけで選手や関係者達が4年間この日の為に、費やしてきた時間、ハードな練習をこなし、ファンの期待に応えるというプレッシャーに耐えてきた想いを感じ、私には心から拍手を贈る事しか出来ません。
【ベトナム教育里親の会・里親ご協力のお願い】ハノイ市教育養成所が市内の就学困難の子弟から毎年25人の里子を推薦、私たちがその1人と里子・里親の関係になる1994年から続く「里親制度」です。
毎年この時期になると、父(誠四郎)からも皆様にご協力お願いする文面が載っていたので、ご存知の方も多いと思います。
現在今年9月の新学期に入学する里子25名のうち、15名分のご協力を頂いています。費用は、年間12000円。5年間のお付き合いをお願いしています。
5年間のお付き合いが難しい場合でも賛助会員としてご寄付、ご協力いただければ、幸いです。残り10名の里子や退会者が出た方の不足分に補填させて頂きます。
お問い合わせは、佐藤正雄会長(税理士法人 湧志会計内 佐藤税理士宛 027-226-6110)まで何卒よろしくお願いします。

【俳句で感じる夏】「念力のゆるめば死ぬる大暑かな」(村上鬼城)。今年の大暑は7月23日、群馬県の最高気温39度。正に俳句に詠まれた通り。8歳で高崎に移り住んでから、終生過ごした鬼城のこの句が刻まれた句碑が今も鞘町に建っています。暑い日にこの句碑を見かけると、暑さが増すように感じるのは私だけでしょうか。
「五月雨をあつめて早し最上川」(松尾芭蕉)は有名ですが調べると、同じ最上川を詠んだ「暑き日を海に入れたり最上川」という句もありました。同じ題材を季節の違い含め、全く違う情景を想像させる技量には、驚嘆するばかりです。
その他、「炎熱や勝利の如き地の明るさ」(中村草田男)。炎熱という表現と良い、勝利と表現と良い、真夏を讃える熱さテンコ盛り句を詠むと、暑すぎてもう笑うしかない子供の頃の夏の空気が感じられて、ウキウキします。
最後に、故郷の水辺を詠んだ納涼一句で。「夏河を越すうれしさよ手に草履」(与謝蕪村)。今年の高崎祭の花火は、烏川の河川敷から眺めてみようかな。

7月31日 お囃子の稽古音を聞きながら 広田金次郎
  


Posted by 広田 誠四郎 at 18:50リードプランニング

2018年07月12日

《書きたいことが多すぎて何から伝えれば良いのかわからないままの6月》

【6月の行動】(1日)田町繁栄会(3日)友人結婚式(4日) 全体朝礼、スタッフ集合写真撮影(6日)東京にて建設会社打ち合わせ(7日)リフォームFC本部打ち合わせ(8日)高崎バル(9日)前橋キングオブピザ、軽井沢ハルニレテラス(10日)渋川にて物件調査(12-14日)札幌にてイエステーション全国タイ会(16日)黒沢病院にて健康診断(18日)古河にて不動産会社ベンチマーク(19日)社内飲み会(20日)ブラヒラノ第2回(21日)個人MTG、読書会(23日)MAST群馬会議(25日)伊勢崎にて関東賃貸保証会議(30日)新築アパート引渡し立会い
 その間に、自分自身の仕事や、お困り事相談。不動産売却の相談に現地調査をしながら、売買契約、決済引渡しを沢山。こうやって書いてみると色々行動をしているようですが、今年に入ってやっと余裕が出てきたようで、心身の疲れもなく充実した時間を過ごせた月となりました。

【駅前活性化】何度かこの紙面で取り上げてきた高崎駅前ペデストリアンデッキ(歩行者の通行専用の高架建築物・以下「ペデ」表記)の正式な活用ルールが発表されました。音楽や芸能の発表、特産品の販売会など、高崎の魅力を紹介するイベントに使用できるそうです(詳しくは高崎市役所都市計画課へ)。群馬の玄関口である高崎駅周辺がペデにより盛り上がっている様子などをそのうちこの紙面でお伝えできる日が来るのが楽しみです。
【街中活性化】某先輩より「ペデが出来て景気が良いのはペデが繋がっている建物までじゃないか。昔は高崎駅からスズランまであった人の流れが無くなりつつあるよ、以前より寂しくなっちゃった、街中の改善策ももっと書いてくれよ」とリクエスト(?)を頂戴しました。   
 例えば、クリスマスシーズンにキラキラした電光イルミネーションを飾る家には遠方より見学に来るバスツアーもあるそうです。最近の高崎市では桜の季節になると、ライトアップされた夜桜を楽しむ人も多いと聞きます。そこで、街中で空いているスペース・壁などに、季節ごとに電光イルミネーションを飾る。それを楽しみにやってくる人が集まれば、そういった人目当てに店舗も空きが無くなり、人通りが多くなることで防犯対策にもなり、スプレー等の落書も無くなるなど利点があるのではないかと考えます。
 また、お店の人が講師となって、専門店ならではの知識や情報を無料で教えてくれる少人数制のミニ講座(講座中の販売や営業は禁止にすることで、参加しやすくなる)を開催するなど街に人を呼ぶ、きっかけ作りのイベントも必要かと考えます。
 とにかく、毎日、必死に改善・改革しようと商売されている方々や商店街・町内会の皆様の熱意や努力に本当に頭が下がります。
【地域貢献】こういった考えも一人の努力でどうこう出来ることではありません。皆で協力して、マスコミでもSNSでも行政援助でもコネでも何でも使って、町を良くしようと共通のテーマを持って動かねば、変化は無く寧ろ徐々に衰退していくのではと心配しています。私達の世代が先輩達上の世代から譲られてきたものを次の世代に良い形でバトンを渡せるようにするのも立派な地域貢献だと思います。
【ブラヒラノ第2回】19日9時半雨の中スタート。前夜会社飲み会での二日酔いでの参加。金沢米穀店さん(格子戸入り口からの重厚感)→糀屋さんの火伏稲荷(美味過ぎて生まれて初めて自分で甘酒を購入)→山田町の濱田邸(イギリス・フランス混合レンガ積※写真参照)、高崎聖公教会、赤坂廓(くるわ)→本町の旧千歳屋、旧越前屋、水村園さん(蔵の中は神秘の世界)→常磐町で山田文庫、岡醤油さん、大橋町の旧和泉庄御殿(植木共々移築!)→井上邸(高崎の宝ですね)→宗傳寺(テコで作った精巧な漆喰彫刻)。時間の関係で外からサッと見て回ったものもありましたが、どれも貴重な建造物、文化物ばかり。また、どこに行っても「平野さんだから特別にね~」と気持ちよく秘蔵の品々をみせてくれ、秘密の場所に上がらせてくれ、面白いエピソードを聞かせて頂き、代々の家主の方が守り抜かれてきた時代とその誇りにも触れさせて頂いた満足度抜群のツアーでした。第3回は果たして何処に。そして、何度か社内スタッフで楽しませていただいた後で、いつか皆さんにもブラヒラノツアーご招待が出来れば幸いです。

【久々の北海道】不動産売買FCの全国大会。魅力的な社長さん達と夢中で語り過ぎて翌日は声が枯れていました。7年前に不動産売買仲介の修行で3ヶ月間札幌に住んでいた時はこんな日が来るとは想像も出来ませんでした。昨年の個人総合成績全国8位と言うことで表彰台にも登壇。修行当時も今回も、勉強とお酒を飲んでいた記憶ばかり。次回北海道に行った時こそは観光もしてみたいものです。

平成30年6月30日 広田 金次郎
  


Posted by 広田 誠四郎 at 12:01リードプランニング

2018年06月07日

若葉萌える、若葉マーク燃える、5月

【お食い初め】5月3日長男 誠太郎の初節句も兼ねてのお祝い。外出先で泣く事がなく、家の中でも本当に手のかからない良い子で助かっています。ただし、お腹が空いた時の泣き声はかなりのもので、今回お食い初めの歯固めの石(赤ちゃんに丈夫な歯が生えることを願う儀式)をよだれでたっぷり濡らし、皆の笑いを誘うなど、食いしん坊の両親の遺伝を色濃く継いでしまっているようです。
子は鎹(かすがい)ではありませんが、誠太郎と言う孫のイベントが繋がりを作ってくれ、妻の家族とも一緒に触れ合える時間が増えることはなんとも嬉しい事です。
【寺町先生慰労会】5月4日グランビュー高崎(旧・高崎ビューホテル)にて高崎高校柔道部でお世話になった寺町先生の定年退職慰労会開催。今振り返っても、高校時代は柔道をしていた記憶しかありません。同級生からも、高崎高校○年○組じゃなく、寺町道場生だな、なんて言われていました。またあの頃に戻りたいかと言われると「……」と即答に困りますが、青春時代を柔道一筋に打ち込み、今仕事中に辛い事があっても「あの時の辛さに比べたら!」と乗り越えられる精神力を培ってくれた貴重な日々でした。
寺町先生より卒業時に「柔道を辞めるなよ!」との餞(はなむけ)の言葉のおかげで、また進学先で寺町道場2年先輩の永岡さん(群馬県高校柔道チャンピオン)が柔道部に誘ってくれたことで、中高校時代では成し遂げられなかった全国学生大会に自分も出場する事が出来、日本武道館の畳の上に立てたのですから本当に私にとっての恩師です。
「①仲間を大切にしなさい②親を大切にしなさい③今やるべきこと、後でも出来ることの優先をつけ、縁と時間を大切にしなさい」と大人になった私たちへ改めて餞の言葉を頂きました。
【高崎の和菓子屋さん】お世話になっているお客様への手土産を買いに、剣崎町の微笑庵(みしょうあん)さんへ。銘菓「ちごもち」を売り切れ間際に購入できて安心していたところ、店主 宮澤啓さんと遭遇。啓さんは、「職人さん=頑固」のイメージを覆すような物腰柔らかく優しさが滲み出る人柄。高崎高校の先輩でもあり、異業種交流会や経営者勉強会でお会いすると、いつも気さくに声をかけてくれます。私には尊敬する社長さんは沢山いますが、まず人柄がいかに素晴らしいか、に惹かれる傾向があるようで啓さんの様な方とお付き合いさせていただく事で、私の浅い社長哲学に色々良い影響を頂けています。もちろん、こんな素敵な先輩が作る和菓子ですから、(私が言うまでもなく)抜群に美味しいです。
【時間貸し駐車場の将来】弊社では高崎駅前を中心に全部で7箇所時間貸し駐車場の運営をしています。特に駅前は月極駐車場で運用するよりも収入が多いのですが、設備機械の製造する会社は限られ、購入、修理、維持にかかる費用は高額です。利用料金の設定を誤ると収支が大変なことになってしまいます。
あえて「時間貸し駐車場」と表現しましたが都内では既に小銭を持ち歩く人が減少傾向になり、クレジットカードやICカードなどでの支払いを望む利用者が多く、皆様周知の「コインパーキング」と言う表現はもしかすると死語になるかもしれません。そうなると設備機械の入れ替えも頻繁におこり、今後すぐに土地を売るつもりはない駅周辺の不動産所有者様にご相談いただいた場合、安易に土地活用として時間貸し駐車場を提案する訳にはいきません。 
土地を貸し出して建物を建てられてしまうと解約することが大変そうと心配される方もいらっしゃるので弊社では、お支払いする賃料を毎月固定保証させて頂き、代行で運営させて頂くケースもあります。某大手時間貸し駐車場運用会社さんにも「提案を比較されたら敵(かな)いません!」とお墨付を頂いていますので、是非ご相談ください。
 どちらにせよ、時間貸し駐車場は、次の一手への準備をしなければならないと感じています。人が多く集まるところに駐車場需要が生まれます。多くの方が駐車場を利用する為には、わざわざその為に遠方からやってくるような施設、店舗、空間作りに軸を置いて、街の賑わい、発展に繋げる多面的な発想や実行に努めなければと感じました。
若葉マークが付いた2代目会社経営者の背伸びした想いで恐縮ですが、より良い高崎市創造を担いたい、と言う情熱に燃えています。

【合格ラインは?】コラムを書き始めて4回目。今回もなんとか最後まで書くことだけは出来ました。変わらずにお付き合いいただければ嬉しいです。父から今までのコラムを読んだ感想が「60点」との事。それは及第点で良いのでしょうか?
平成30年5月31日
昨年より早い梅雨入りを感じながら
広田 金次郎
  


Posted by 広田 誠四郎 at 08:58リードプランニング