グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2003年06月21日

ちょっと一言『強い水泳選手は茶髪になる?』

◆6月21日『倉渕ダム』工事現場の進歩確認と『イヌワシ』等の観察の為、現地へ。朝刊では『野鳥の会』から06年5月迄の突然の中止要請に呼応した『工事再度中止』のビッグニュース。私は野鳥保護のための法律の強さに、驚きと嬉しさを大いに感じた。
◆翌22日高崎もてなし広場では『人情市』、私は福祉会館で『烏川の水と地下水』の学習会。講師は『高崎の水は日本一旨い水道水』と著書や、全国の講演でもその内容を紹介してくれる中本信夫信大教授。若田、剣崎浄水場はイギリス方式を採用した『緩速濾過(かんそくろか)』だから旨い。塩素を使わずもっと旨い水を作って欲しい。高崎名物の水を、誇れる水を、もっとアピールしようョ。
◆先月号で案内した『ベトナム教育里親の会』小学生の奨学金制度(ハノイ市教育養成所の窓口)に入会頂いた方々有り難うございました。50名枠のところあと、18名の親がみつかりません。月600円1年7200円を5年続けて頂けると貧しいハノイの子供が小学校を卒業できます。お問い合わせは090−3147−7545 ヒロタまで。多謝。  


Posted by 広田 誠四郎 at 17:03Comments(0)e-house

2003年06月09日

美味しいものを食べました。

◆今年はまだ1度も海外に出ていない、その分、国内でのんびりととは思うのだが。  
◆4月末日、女房と富山県『滑川』ヘ、夕方、仕事を終え宿泊先の『海老源』に。早速風呂に入り夕食,そしてお目当ての『ほたるいか』料理。ほたるいかの生き食い、塩辛、ポンポン揚げ、刺身、そうめんその他、岩牡蠣,甘海老、鯛等、旨いもの勢揃い。本場ものの『ほたるいか』はすべて旨かった。『海老源(エビゲン)』さんまたこの8月お邪魔します。
◆この土地のもう1つの名物は『岩(イワ)牡蠣(ガキ)』。ほたるいかは昔からよく聞いてはいたが10~20cmの『岩牡蠣』は今回始めて食した。真夏の8月に旬の牡蠣を食べるという贅沢を今年は経験したい。富山県は日本一住みよい町と言いますよね。立山からの雪解け水が,伏流水や湧水となって美味しいお酒にも化ける、そう酒と牡蠣を満喫したい。     
◆5月11日―14日は高崎美保神社奉賛会〔かなや奥井昌三会長〕で出雲大社と美保神社の参拝旅行。普通の観光バスでの車中泊、2日目皆生温泉,3日目雄琴温泉の3泊.4日の初日はきつい体験,夜9時に高崎出発、朝7時には鳥取着。でも前会長の97歳の川浦秀男おじいちゃんも元気に参加,私ごときがきついなんていってられなかった。
◆もう1つの元気印が道中を賑やかせてくれた、高崎公園でのラジオ体操のグループである.365日雨の日も,雪の日も毎朝6時に公園に集合,体操をしている人達は若い,年齢は聞かなかったがほとんどの方が60歳を超えている様子。皆さんの気遣い、行動力、飲食力? の素晴らしい事。多くの先輩から良い生き方の見本を見せてもらえた。特に美峰?にいたIさんに脱帽,私もIさんのようなスマートな生き方をしてみたい。
◆5月22日―23日は息子金次郎とリードクラブの総会で京都に。全国の不動産業者の楽しい儲け話の体験を聞くことができた。会議後は金次郎推奨の大阪まで足をのばして〔美味焼肉の鶴一〕、〔こんな店 吉田〕の焼肉店のはしごをして帰高。
◆5月31日『烏川の自然とダム・市民学習会』で野鳥の会の割田兼弘分会長と日本一の鮎釣り師 野島 玉造さん、そして6月5日 前群馬大学副学長NPO『公開討論会ネットワーク群馬』代表 稲葉清毅さんの話をきくことができた。『倉渕ダム』を中止させる運動に参加して自然との共生について大いに勉強させてもらっている。ここでも多くの先輩、後輩から生き様、スタンスの作り方を学んでいる。有難いことである。何とか群馬にダムのない川をひとつだけでも残しましょうよ。『もう烏川だけですよ!』
◆5月10日『ベトナム教育里親の会』〔小林宏道会長〕の03年度総会を開催。この会はハノイ市教育養成所と連携しハノイ市内の小学1年の入学時から卒業までの5年間面倒をみてもらう奨学金制度です。ハノイは5年で終了、中学は4年ですが、そして9月が入学月です。1学年50名を募集。創設者は〔ぐんたけ〕の小山勝三会長。創立10年で全国の会員数220名の高崎で生まれた小さな『会』です。                  
◆1ヶ月500円〔1年分一括6000円+年会費1200円=7200円〕を5年間続けていただける方を募集しています。会員になるとこの9月に入学する子供の写真とプロフィールが送られる、ただそれだけ。でも月500円のお金でハノイの子供達が読み書きできるようになる、そして自分の心は豊かにさせてもらえる。ハノイにいる自分の里子、里孫?が小学校に通っている。ちょっとだけ良い気持ちになれますよ。
◆彼らの為にこの7月末に50名の新1年生の里親を募集している。今、現在26名が確定、予約いただいた。申込み・お問合せは 090−3147−7545 ヒロタまで。              

2003年6月9日 広田 誠四郎 記  


Posted by 広田 誠四郎 at 18:27Comments(0)リードプランニング