グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2006年04月23日

今年もベトナム教育里親の会、ご協力お願いします。

◆3月から4月は仕事の繁忙期で毎年あっという間に過ぎてしまう。新年度を迎えて心新たなスタートを、したいところだが中々区切りをつけ難いのが現実である。
◆この4月15日ー20日まで今年の中国沙漠植林で、承徳市豊寧県満族自治区を訪ねた。作業の朝は寒く厚着をして作業に入ったが、意外と気温は上り、その代わり風がでて沙が舞う、沙嵐になって作業は度々中断した。3日間ともひどかった。今年は例年にも増して『黄砂』が発生するようだ。『環境問題に国境はない』塚田団長の言葉が耳に残る。
◆4月23日倫理法人会の埼玉・群馬親子会に出席。会場の館林野鳥の森・フラワーガーデン・茂林寺を、開始前のわずかな時間だったが散策。芝桜を、また森の中を歩き、狸の寺を訪ねミニ観光を楽しんだ。メインは宮崎県都城市の柏田良丸さん『すばらしき、ハイ』の講演。本当に素晴らしい話に『やる気・本気』がもりもりと出てくる。
◆今月は楽しい『ベトナム教育里親の会』の会員募集のお願い。1ヶ月600円でハノイ小学1年生1人を5年の卒業まで面倒みる奨学金制度で里親に。?1年間7200円?9月新入学の子供?50名定員の里親をあと45名募集しています。興味を持たれた方、詳細の質問はヒロタの携帯電話090−3147−7545まで。以上。

2006年4月23日 23時30分  広田 誠四郎 記  


Posted by 広田 誠四郎 at 16:08Comments(0)e-house

2006年04月09日

〓『田町から元気・明るさ発信しよう』〓

■先月の原稿書きは3月5日、今日は4月9日。この1ヶ月強ですっかり春らしくなってきた。寒さも緩み、木々や草花も芽を出し、花を咲かせ自然界が急に明るくなって人間も動きやすくなり、経済界も長い冬眠からやっと目を覚ましたのだろうか。地域差はあるようだが、私の見る目では高崎も『春』を迎えたようだ。
■建売業者、マンション販売業者が元気のよい事この上なし。姉歯耐震偽装問題に一服させられた感はあるが、少しぐらいの障害ではこの勢いは止められないようだ。その位、取引は活発である。ただ取引自体は低価格な土地に限定されるし、果たして高崎でのマンションは完売できるのだろうか。私はバブル現象の復活が懸念している。
■今年の賃貸繁忙期は終了、売買の相談が大変多くなってきている。また収益物件の問い合わせも同様である。株も上がり本当の景気回復になるのか、くわばら、くわばら。
■田町に元気な飲食店が2軒オープン。もとの養老の滝が『大滝』、タベルンタベルが『くいものや亮』共に連日お客で店内が一杯。火事で焼けて仕方なし田町に出てきた『大滝』だが今迄同様の繁昌ぶりにまずは安心。『亮』は今迄よりも余程よい売上げらしい、だってマスターの顔に描いてあるもーん。その真ん中の空き店舗も今迄『飲食店はダメ』だったが元気な飲食店を招聘したい。明るく変身した桜不動産ビルには『メキシカン』の店がオープン予定。少し変わった安心の『大人の飲食ゾーン』が誕生。
■話変わって私は最近、倫理研究所の『倫理法人会』にはまっている。明日で今年100日目になるが倫理で53日、半分以上費やしている。すっかり『倫理』漬けに、朝4時起床。
■4月5日は館林で『倫理経営講演会』。講演後、講師の上野起立〔大阪〕・松村諭〔盛岡〕両先生と館林倫理法人会の金子秀吉会長、桜井茂、高橋次郎、関井宏一各役員さんとの懇親会にも、翌朝6時のモーニングセミナーにも参加させてもらう。上野さんの話は機会有ればもっともっと聴いてみたい。松村さんは会場中を笑わせながら楽しい講演で全くの時間不足。こんな毎日でこんなに勉強に励んでいるのは私の人生で初めての事。
■さて今年はまだ1度も海外に出ていない。いよいよ4月15−20日が中国植林で承徳市、6月16−22日がモウス沙漠、7月30−8月5日がクブチ沙漠、11月3−7日が重慶市までが決定、10月ごろにハノイの予定だがその他にも少しは毛色の違ったところも訪ねてみたい。
■中国といえば高崎経済大学大学院生の倪鏡の両親が来日している。7日、経大の吉田俊幸教授〔ゼミの先生〕・長谷川教授〔ネットで即対応・入学きっかけを〕の6人で駅近くの『福助』で食事会。お父さんは漢方のお医者さんで初対面、お母さんとはフフホトで2度お会いしている。吉田・長谷川両教授も彼女の優秀さを褒め称えると、それを自分が両親に通訳するので非常にやりにくそうであった。私は『倪鏡はいつになったら卒業できるの』と聞くと吉田教授は『もしかして博士号をとれれば、ある大学に推薦の話もあるんだけれどナー』との話。
■日本では桜の咲くこの4月7日、県内小学校の入学式が行われた。外国では多く国で9月から新学期、私たちも『ベトナム教育里親の会』2006年9月入学の子供たちの『里親』を御願いする運動を開始しなければならぬ時期になった。今年も50人を出来れば6月末までには募集完了したい。少しだけ募集活動をさせて貰っちゃおう。
■ハノイ市の小学校入学に厳しい家庭環境の児童をハノイ市教育養成所に推薦してもらい1年ー5年までの5年間自分の里子として『月500円の奨学金』を渡す制度です。実際は事務費を含め月600円、1年間7,200円の会費。これで5年間面倒見て頂くだけの1995年スタートした奨学金制度。ご関心のある方は広田の携帯090−3147−7545までお電話下さい。1度受信後、当方よりかけ直しします。
■さあ仕事も、仕事以外も本当に沢山いただけるぞ。ありがたい、ありがたい。頑張ろう。以上。

2006年4月9日20時田町にて 広田 誠四郎 書く。  


Posted by 広田 誠四郎 at 16:07Comments(0)リードプランニング