グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2007年02月28日

打つ手は無限

◆2月28日、代々木駅前の買主の事務所にて契約・精算。昨年の4月から調査・交渉を進めてきた秋葉原の物件、なんとも難しい二転三転した案件であった。バブルの再来といわれる昨今だがその渦中にいて、懸命にもがいた10ヶ月でもあった。大きな組織、縦の社会を改めて認識させられ、多くの知人、友人に世話になった、強く思い出に残る取引である。自分としては思いっきり頭と体を使ったつもりだがまだまだ『打つ手は無限』なのかなー。当初の予定価格と比して相当値上がりしてしまったが買主の社長、担当常務は「有難うございます、お陰様で」と。お客様に人の道を教えて頂き、素敵な優しい人柄に触れ、報酬も頂けるこの仕事に感謝。お世話になった方々に早くお礼に行ってこよう。
◆2月8日−13日初めてのマニラ。昨年盛岡の又川俊三社長の紹介で『盛岡マニラ育英会』に入会し、小学3年のジェサ メイの里親になった。その里親ツアー、又川夫妻含め17名、私は島根県益田市の渡辺稔社長と同室、59歳、建築業で消防団長、そして安来節の名人。愛知県小牧の鈴木捨三さん、埼玉県和光の丹戸夫妻以外は全員岩手県在住者。
◆今回はメイに会う事と『里親会』のシステムと、どんなツアー行動をとるかを確認する為に参加。結果、600名弱の子供たちと送迎の先生、保護者等、計1000名弱をルクバン小学校に集合させ歓迎式。バンド演奏、お遊戯、歌など賑やかに披露してくれた。最後に夫々の子供と対面、恥ずかしげなメイはオート三輪の運転手の父親と一緒だった。若い父親は何度も何度も手を合わせ、頭をさげていた。彼らにわたるお金は1年1万円でも家計には大きな力となるようである(私が手伝っているハノイの方は6千円だが)。
◆翌日は郊外へハイキング、バスの中ではメイはすぐに寝てしまう。遊園地に着くとすぐに着替え、プールに元気よくはいり仲良しの友達と水遊び。マニラもビーチはあるのだが汚れているので海水浴はしないようだ。昼食をとりビンゴも楽しみ事務所に戻り彼女とお別れ、私ものんびりした1日をすごせた。可愛い娘と楽しく遊べた。又来年会いたいな。
◆フィリピン聾唖学校やアディションヒル小学校も訪問し子供たちとも交流。またマニラ市役所では素晴らしいブラバンの歓送を受け、市長から歓迎の挨拶を頂く。又、高崎市と昨年姉妹都市締結をしたモンテンルパの日本人墓地にもお参りすることができた。創始者の西本至牧師さんに来年はもう少し詳しく現地の活動、現状などお聞きしてみたい。感謝。
◆14日夜は『経営者の集い』15日は『モーニングセミナー』水戸市倫理法人会で話をする機会を得た。県外遠征は初めて、夜は言わんとすることがいえまあまあの出来だったと思うが、朝は気負いすぎ。折角見えてくれた人に半分も伝えられず申し訳なかった。                          
◆ホテルの無料レンタサイクルで夕方雨の中、商店街を、翌日は暖かい晴れた午前中、水戸城址や千波湖を初め広い範囲を走り廻った。どこの地方都市も中心商店街はシャッターが下りて厳しい中、北関東では水戸はいくらか元気だと聞いていた。実際広い範囲で元気が感ぜられた。梅林ほか多くの観光面での優位性で大きく集客ができるのではないか。                         
◆水戸は高校3年生時にインターハイ出場を決めた関東大会の地である。試合後1泊延長して内田光之先生と、2年の横尾信男、本多武彦、確か田島美徳君もいたと記憶するがゆっくり市内観光、それがご褒美。若き日の好文亭での写真は今も大切に保管。そんな43年前にタイムスリップさせてくれた。千波湖に水鳥が一番集まる時期なのか、多くの鳥たちが戯れていた。私も湖畔に立ち、しばし羽を休める鳥たちのような心境になれたかな。
◆もう3月。仕事も、行事も沢山詰まっている。どんどん、バリバリ計画をこなしメリハリの付いた毎日を過ごしたい。今、私は毎日早起きを、1日1万歩を心掛けるが、中々毎日続けられない。なぜ実行できないのか。1日1日の積み重ねに励もう。  


Posted by 広田 誠四郎 at 19:27Comments(0)リードプランニング

2007年02月18日

また1人 可愛い娘ができちゃった

◆昨年『盛岡マニラ育英会』に東北明光義塾のオーナー又川俊三社長との縁で入会、そして今回のツアーに参加(2月8日―13日)。奨学金制度組織の勉強と、小3の里子ジェサ メイに会う目的で。偶然にモンテンルパ市(高崎市と姉妹都市)の日本人墓地も訪問できた。
◆1990年西本至神父(マニラ名誉市民)が40名からスタートさせたこの会が現在690人(過去延べ7,800人)の困窮家庭の小中学生を面倒見ているという。聾唖の子、ストリートチュードレンらも含めて。ゴミの山やバラック建ての貧民窟も確認。かなり劣悪な環境にも負けぬ子供達の明るい笑顔、元気な歓声が印象に残る。可愛いジェサメイ 来年また会おう。
◆14日水戸市倫理法人会、夜16名、15日朝34名の勉強会で話を。初の県外遠征。17,18日は熱海で倫理の東日本地区の会議。仕事も、仕事以外も忙しい、楽しい毎日に感謝。

2007年2月18日夜11時 広田 誠四郎 記  


Posted by 広田 誠四郎 at 09:02Comments(0)e-house

2007年02月04日

地球環境も、この社会もこのままで大丈夫なの

◆昨日は節分、私は何年かぶりに豆まきをした。いつも帰りが遅く女房が一人頑張ってくれていたが久しぶりに私も『福は内』、すると次男も帰宅、更に続けた。意外と大きな良い声が出ていた。『うん、俺よりも良い声だな、残念、負けているな‽』イヤ喜ばねばならぬ。
◆今年は高崎ではまだ1度も雪が降らない、雨も少ない、今のところこんなに暖かい冬は初めてだ。既に2月となり賃貸を扱う私共の業は一番の繁忙期を迎えた。今年はどの位のお客様のお手伝いが出来るであろうか。どんなお客様との出会いがあるのだろうか。
◆この1ヶ月の報告。3日高崎市倫理法人会での新年式、プチローズ経営の渡部恵知子さんのピアノと高橋正光税理士のフルートの演奏、唄の合唱で一味違った良いスタートが切れた。岡村建一(県会長・太田)、星野幸一副会長ご夫妻(桐生)も正月早々ご参加頂き感謝。
◆4日、父母の墓参を済ませ、早速仕事。亀里町へ、まだ一般はあまり動いてはいないが、そこはご年始の車と人でごった返しであった。本当は挨拶にどんどん歩かなくてはイケナイのだなーと改めて感じた。ただそのような動き方はとても苦手なんだよなー私は。
◆5日8時半、市管財課へ。9時リアルヒロと広田住宅の社員初顔合せで仕事始め。伊勢崎・玉村のオーナーさんにご年始、夕方はサンパレスで宅建協会高崎支部の新年会。
◆6日、富岡のビル現場立会い後、丹生の伯母宅に年始、そして安中の病院に伯父の病気見舞い、市役所都市計画課にて打合せ、市柔道連盟の新年会は魚としで。そこで新町の新井礼次郎先生に久しぶりに、宴会の席では初めてご一緒できた。もう30年前、長男が産まれた頃にお世話になった何故か親しさを感じる先生である。この日は無事帰宅。
◆7日、江木町第二の新年会、今年は班長の当番ゆえ初めて女房の代理出席、流石に参加者は多い。ここでも珍しい方、お元気な飯島俊夫先生にお会いした、先生は町内会の相談役との事で毎年の常連、『珍しいのはお前のほうだ、逆だぜ』とどなたかのイエローカードをもらう。もう48年前私が大学1年の確か夏休み、フットボールでの怪我の治療で世話になった。『そう、君アメラグをやってんの、どうだい面白いか、頑張れよ』と励まされたのがなつかしい。当時アメリカンフットボールなんぞそのものを知っている人が少ない時代でもあった。そんなこんなの古き良き時代を思い起こさせてくれた正月であった。
◆8日からは通常の早朝から倫理の勉強にかよう毎日が始まる。そして夜は新年会が続く。途中風邪で2日休んだだけであとは無理をして出たものも、2次会、3次会、4次ーーとなった日も。よく飲んだ1月。今週の月一の定期検診が怖い、清水先生に『よく頑張ったね、この数値はよく飲んだ証』と褒められそう‽な気がする。そして一気に1月が終了。
◆結果、酒量は多く、体重が3?増加、早寝ができずに、1日平均6、721歩のみで、月10万歩不足、でも足首捻挫の為これは目を瞑ってもらおうか。倫理は都合、法人会16日、家庭の会12日と目標達成。1月の自己評価は50点。さーてゆっくりやり直そう。
◆2月は8日からフィリピンはマニラ、昨年盛岡の「感動塾」でお世話になってできたマニラとのご縁ができたツアー。勿論群馬からは渡し一人の参加。私は「ベトナム教育里親の会」のお手伝いをしているが、会活動の勉強のために参加する。先日報道された「臓器売買の法制化」についても知識を得てきたい、何しろはじめてのフィリピンゆえ心高ぶりを覚える。行くとすぐ「夢中」になってしまう熱病にかからぬよう気をつけたい。
◆最近、世の中いやな事件や、トラブルが多く発生、自分の周りでもいつ大きな事故が発生するかわからない。「ゆとり教育」とかなんとかいって、タガをゆるめてしまったが故に、芯がない、軟弱な、体だけが大きくなった、根性なしの子供たちが多くなりつつあるのではないか。いちいち父兄や、教育委員会の目を気にしながらの現場での教師は可愛そう。
◆先生方は子供たちを思いきり外で遊ばせ、鍛え、勉強させる。疲れて余分なことを考える間がないようなーーー。老若男女すべて運動不足がよくない。私もせいぜい頑張ろう。きっと食べるものにも事欠く子供たちの学校生活を報告できると思います。さようなら。         

2007年2月4日(日)夕方5時  広田 誠四郎 記  


Posted by 広田 誠四郎 at 19:22Comments(0)リードプランニング