グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2008年03月25日

桜プロジェクトに御参加を

◆間もなく桜前線がやってくる。滝の慈眼寺のしだれ桜から始まり、高崎公園、お堀端、烏川土手沿い、そして観音山がお花見で賑わうことであろう。浮かれる春になりましたね。
◆以前、高崎ロータリーの安藤文夫元ガバナーから「桜並木をつくろうと、我々の若い時クラブで苗木を植えたんだよ」と聞いたことがある。それが今あれだけ見事な並木に。
◆台町在住「観音櫻」岡村酒造の笹谷清さんは、観音山に今も桜を黙々と植え続けている。ほかの桜名所にも、地元の立派な先達の隠れた秘話が多くあると思う。改めて感謝したい。
◆それにひきかえ高崎市の都市緑化フェアーのお粗末ぶりは目を覆うばかりーーー。この話はよそう。ここで言うだけ、記すだけ恥ずかしい。要は緑化計画の徹底討論が必要だね。
◆20日『桜プロジェクト』設立総会に出席。この25日高崎経済大学の卒業式を迎える蒋雄軍さんの故郷、中国湖南省蒋家村に桜1万本植える計画。親代わりの大宮登指導教授が会長に、そして国際ロータリー前理事重田政信・晴子御夫妻、サントノーレの藤井秀久社長、清水農園 清水一也社長、島津文弘税理士の皆さんも参加、ご支援頂ける。有難い。
◆個人会員は1年1口2000円、問い合わせは090−3147−7545広田まで。地球の各地で緑化し、手入れをし、子孫に今より良い環境を残してあげたいですね。                

2008年3月21日〔金〕午前11時45分   広田 誠四郎 書く  


Posted by 広田 誠四郎 at 23:59Comments(0)e-house

2008年03月10日

さくらプロジェクトは成功するでしょうか

文中敬称略 お許し下さい。

◆春一番が吹き、啓蟄も過ぎ、黄砂が舞う季節になった。この黄砂は私が植林している中国沙漠から韓国や日本上空を過ぎ、遠くはアメリカまで飛んでいくそうである。このニュースはより大陸の砂漠化が、より進んでいる事を物語る。私もこの時期何度か北京を訪れるが、高崎とは比較にならぬ砂の量。何日か放置された車両の屋根やフロントガラスに積もっている砂の凄さに、ただ驚かされる。これぞ、まさしく『砂嵐』『沙塵暴』、視界が10−30m、「地球さん、重症です、もう手術が必要、どこかに名医は」の声が。
◆2月27日−3月2日、高崎経済大学留学生 蒋雄軍の故郷、湖南省蒋家村を『桜と緑のプロジェクト』で私は初訪問。大宮登教授の全面的な支援を受け、植林計画の2度目の現地調査。亜熱帯地域に位置するこの地でも今年は、異常気象で大雪、凍結となり、村と村を繋ぐ、電柱が折れ、傾き、電線が交錯し、切れ、村中が停電。何軒かの家がバッテリーで発電、とても暗い、ど田舎の民家に泊まる。懐中電灯を手に慎重に歩を進める。
◆着いた夜、村の68歳の長老‽の通夜で皆さんの歓迎が充分出来ないとの伝言。会から花輪を1対贈り、弔意を表す。白いタオルを肩に掛け、賑やかな通夜、お清めの会。翌朝葬儀に共に参列、楽隊先頭に村中巡回、花火、爆竹、土葬の場所にも同行。貴重な体験。
◆私の40回訪問でも民家の宿泊は初体験。私の宿は、村が新たに組織した『緑化委員会』委員長の蒋祖雄の家。全部で18人のうち4人が別方向。坂本祐子、趙莉で1組、小山内信〔高崎漢方薬局〕が1人、私も1人の分宿。真っ暗ゆえ何処に連れて行かれるのかわからない。3つの家では1番古い家だったが、あてがってもらった家は私の今日の宿、喜んで泊めて貰おう、感謝。〔内緒の話、3軒のうち便所が私の家だけ、板がずれて下の汚物収容箱に吸い込まれそうな不安。でも暗い中、用心して小も、大も、大成功〕。
◆本来の目的、周辺の樹木や荒地の状態の様子。周辺の山は開墾され、大木はない、植樹も少ないが、村の神木は残され、荒れ方は私の思っていたよりはひどくなかった。『緑化委員会』が出来、山の木を切らぬよう指令を出し、1年弱。既にその効果は出ているという。充分、村民の意識改革と経済林植樹の継続で環境保全と村の繁栄が期待できる。1人の日本人教師と1人の中国人学生が桜を引っ張り出して動きだした。『緑化』を考えた蒋君、『支柱・大黒柱』となる大宮教授に『乾杯』。とてもいい話じゃないですか。
◆この通称『さくらプロジェクト』の設立総会と今回の報告会が08年3月20日〔春分の日〕午後3時―5時 高崎経済大学図書館ホール〔図書館1階〕で開催されます。興味のある方、夢を見たい方は是非ご参加を。終了後、大学近くの〔しょーけん〕で懇親会もあります。詳細は蒋雄軍の携帯〔090−1824−9512〕まで。勿論日本語で。
◆3月4日 新発田倫理法人会『夫婦の集い』で講話後、懇親会で20年前位ロータリーの大会で樫内ガバナーのお孫さんと会う。今年90歳になられたとの事。5日は栗山ガバナー〔前、新潟県倫理法人会〕の伊藤常務とも名刺交換を。朝食後、雪が舞う新発田街中を散歩、足軽長屋や蕗谷紅児記念館、新発田城を見学。3日間新幹線ほか乗り放題〔飲み放題ではありません〕のチケットを胸に酒田市に向かう。3日間で新幹線ほか乗り放題の切符を胸にはしゃぎ廻った感。無料貸出自転車で酒田雛街道を見学、雪景色の満喫、帰りの車中で雪景色を眺めながらの1人乾杯でした。高崎18時6分着。
◆2月9日九段会館にてアソシエ設立祝い 10日奥井誠二90歳の祝い 15日―17日倫理冨士研研修 20日おかみさん会川崎葉子活性化勉強会 21日佐久平にて倫理法人会 理事長経営講演会 22日舘野正子 通夜 23日葬儀 伊香保 倫理法人会東日本会長会議 24日くいものや亮 ライブ 26日 倫理中村八恵子経営者講話 27日八恵子 モーニング講話 上記中国へ、3月4,5日上記の通り。
◆今年になって県内の様子が大きく変化。倉渕ダムが中止を決定、増田川、八ッ場ダムも延期され大澤知事はどんな考えを持っているのだろうか。多くの企業・事業家が不景気に悩まされる昨今、この大不況の中 次のサプライズは何が出てくるのでしょうか。くわばら、くわばら。
         
 2008年3月9日〔日〕 23時23分広田誠四郎 書  


Posted by 広田 誠四郎 at 08:32Comments(0)リードプランニング