グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2008年05月26日

加油!!(がんばれ、の意)中国人!!

◆4月末、整体で、逆に神経・器官を痛める。極度にふらふら状態が続き、血圧、脳梗塞、脳血栓か大いに心配した。漸くまっすぐ歩行できるようになったが直立がきつい。今も何か船に乗っているような良い気持ちではある。この症状ともう暫くつきあうか。
◆『桜プロジェクト』蒋雄軍さん情報。湖南省『蒋家村』は四川大地震の被害はなし。昨年暮れの『大雪』停電が5月23日復旧との事。大雪で丸5ヶ月、という事は、四川地震の罹災地区は、平常生活に戻れるのは何年待つ事になるのか。お気の毒様というより他に言葉がない。
◆11月訪問予定の重慶はどうか。地球緑化センター金井次長情報によれば1部被害は出た程度で心配はない。ただ『四川大学』の学生の消息が全くつかめぬという。普段通訳をしてくれる彼らが無事でいることを祈りたい。
◆今回の四川地震のニュースで私の心は中国の友人たちの安否がすぐに気になった。来日している留学生の家族をはじめ、各地でお世話になった村人、子供たち。現地に飛んで少しでもお役に立ちたかった。自分の体、時間、お金の自由が利かないということはいざという時、何も出来ない。早く体を直し、しっかりと動ける体制つくりに努めたい。
  
2008年5月26日〔月〕午後1時15分 ボケている広田 誠四郎書く  


Posted by 広田 誠四郎 at 22:21Comments(0)e-house

2008年05月09日

《ベトナムの子供に月600円を》

(文中敬称略)

◆4月20、21日千葉の銚子へ「史志の会」旅行。かつて高崎藩の飛び地領であり、高崎の役人が派遣され統治していたとの事。その史実の確認するツアーに参加、堤克敏講師の解説が銚子をより身近に、親しみを与えてくれた。岡野銚子市長はじめ会議所正、副会頭も同席し、海の幸を十二分に御馳走になった。市長と近々に高崎市での講演を約束してもらえた。
◆そのバスの車中で私の手帳を紛失。この10日間とても不都合している。今年の110日間が消え去り、各種の案内を基に今年の残期間の予定を一生懸命入れ続けている。「たかが手帳,去れども手帳!?」かな、私にとっては重要な「されど手帳」、もっと大事にしよう。
◆21日19時高崎着、駅ビルでの「高崎立教会総会」に出席、古関武会長が勇退され上毛新聞の樋田康行新会長が誕生。大いに若返った人事を歓迎、より楽しい会にしてくださいね。期待しています。私はバスの中でのアルコールが二乗倍に効いてきたので早々に失礼した。
◆翌23日は年に1度の「倫理経営講演会」グランドパテオ、200名予定が236名参加してくれ大成功と思っていた。が、肝心の講師の話がずれていて初めての方にはチンプンカンプン御理解頂けなかった事に、会として、また私から改めてお詫び申しあげます。
◆24日、孫、凛太郎の2歳の誕生日は妙義グリーホテルの湯に浸かる。私たち親子夫婦も凛太郎のお陰でのんびりと良い湯に入れた。このところ、ゴルフをせずこのような施設に宿泊が多い。ホテルのみの利用で勘弁してね。でもたまにはゴルフもしてみたいですね。          
◆指導者逝く。舘野勝彦の正子さん、広瀬洋一の真理子さん、石崎由香さん、新井真一の裕紀さん、川越の幸江伯母さん、御冥福をお祈り申し上げます。中でもカメラマン真ちゃんの裕紀は長男健太郎の中、高が一緒、「日本トップの山岳スキーヤー」が32歳で逝く。しんちゃんの挨拶は「残念で無念で悔しくて」の号泣、どんなに優秀であろうが、才能を持っていようが32歳で逝ってしまったくやしさは私には理解しようとも到底できない。  
◆今年も「ベトナム教育里親の会」の里親会員募集の時期が来た。南大類のぐんたけ小山勝三さんが創始者で、ベトナムのハノイ市教育委員会を窓口に持ち、貧困生徒の就学に月額500円を贈る支援運動です〔1年単位で6000円プラス1200円事務費〕。 
◆「べ会」は今年で10回目の訪越団を結成します。10名定員で締め切らせていただきます。不明の事、お聞きになりたい方は広田の携帯090−3147−7545まで。新1学年は毎年9月が新学期、そのうち50人を選択し、里子と里親が決定。11月には里子のプロフィールが届く。文通・訪問を通じて彼らの成長を楽しみにしている里親もいる。
◆今「べ会」で難問を抱えている。里親の資格放棄が多いのだ。新入生の子供たちはベトナムでは5年で卒業、故に7200円×5年=36000円なのだが30?の方が何だかの理由で続かない。会の1200円の事務費からも調達廻しているがかなり厳しい会計状況である。
◆そんな訳で今年はそれぞれ奨学金が不足しないよう細かく寄付をうけて見たい。短期の御援助、一時金でもなんでも受けています。『里子のこの子のあと2年分に充当します』ということにさせていただきます。是非御協力のほどお願い申し上げます。感謝。
◆最近少し体調が思わしくない。血圧は問題なしというのだがふらふらする。ゆえに泊まりはひかえよう。この15−20日の中国沙漠サミットも残念だが欠席しよう。
     
2008年5月2日 ゆったりとした連休の谷間  広田 誠四郎書く  


Posted by 広田 誠四郎 at 08:01Comments(0)リードプランニング