グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2008年07月24日

<どうか安らかに>

◆今年4月に体調を崩した直後、無理して万場村と川越市の通夜・葬儀に出て完全にダウン。その後1ヶ月近く謹慎し、通夜・葬儀を欠礼した。今、漸くそのフォローを始めた。
◆7月12日横浜の近藤組の番頭さん川口久夫様の通夜に出席。同時に葬儀の済んだ近藤社長御夫妻への弔問もできた。葬儀後の新聞おくやみ欄をみて黒田建設の黒田清政様の御自宅へ、飯塚の井田高次郎様、宮元町 田中住江様の御自宅にも弔問。17日榛名町の金田安弘前市議は同級生、東町の松本孔版 松本朝光様の通夜に。18日小山勝三様の訃報。
◆享年93歳。ぐんたけ会長の小山翁は、79歳で『ベトナム教育里親の会』創設、84歳でベトナムの文部大臣から外国人で2人目の『教育功労者の勲章』授与される。100歳までは頑張ると言っていたのに、残念である。御自宅を訪ねると『いらーっしゃい さあさあどうぞ腰掛けて』小山翁の声はもう聞くことができない。感恩・感謝。さようなら。
◆私に『お世話になった方が死去された時、出来るだけ懇ろに弔いなさい。私も、竹中組もそうしているよ』と教えてくれたのは31年前の竹中三郎さんである。そしてその教えは常に私の頭にあるのだが、私は中々実践出来ていない。お忙しい竹中会長に無理を承知で時間を頂き『実践できる方法』の教えを請うてみたい。宜しくお願い申しあげます。

2008年7月20日〔日〕18時30分    広田 誠四郎記  


Posted by 広田 誠四郎 at 09:47Comments(0)e-house

2008年07月10日

《自由な時間を楽しみたい》

◆庭のしゃら〔ナツツバキ〕も殆ど花を落とした。25年前我が家の狭い庭に2m高のしゃらを20本植え、それが4m〜6m高に。春に緑の葉をつけ、6月に白い花を咲かせ、足元に落下、真っ白になった庭も一日二日で茶に変色、掃除が大変だ。そして夏を迎え、濃い緑が日陰を作ってくれ、やがて秋に、落葉。庭の四季を演じてくれるしゃら。
◆何故この花は忙しく咲いて落ちるのだろうか。どうせ咲くのだからもう少し長く楽しませてくれれば良いのに。そして、この花は散るとは書かない、落ちると書く、そのくらいボトッと落ちる。ポトボトと音をたてて落ちる、賑やかだ。自分の役割を節目にきっちりこなし、あとは泰然自若。手が掛るのは花と、落葉の清掃だけ。私は心の落ち着きを貰う。
◆4月末に体調を崩して既に70日。随分と良くなってきてはいるが、今ひとつ気力が充実せず、集中力が鈍る。この原稿書きも2倍の時間を要しても中々進まない。先生の『1ヶ月もすれば元に戻るよ』の言葉通りにはなっていない。明日はMRIの最終チェックを受ける。よく診てもらって『元』近くになりたいものである。『星に祈りを』でもしようかな。
◆今日は7月7日、七夕だ。改めて自分の『体力回復を星に祈って』みたい。今は雨が降っている。今晩は駅前豊田屋旅館で『三四の会』平成3年4年の高松中PTAのOB会。年に1度の小野関千枝子校長さんの親衛隊の集会である。PTA役員をやらせて貰った事で、多くの先生や友人とこうして16年経過しても皆元気で顔をあわせられる幸せに感謝。
◆ここ何年間か毎朝、倫理中心の生活スタイルだったが5月より、倫理一辺倒から自由なユックリリズムで読書や仕事に切り替えている。あまり縛らないで自由に倫理も楽しむ事を目指したい。人生の生き方、物の考え方ほか多くのことを教えてくれる『倫理研究所』は面白い、この8月末で『高崎市倫理法人会会長』も首になる事だし好機到来。一路平安。
◆手許に『致知』8月号、この巻頭言は鍵山秀三郎〔イエローハット〕さんの『非凡な人になる』。創業時の懸命な姿、自分の体力、心を尽くせるだけ尽くせ、至誠を尽くせば必ず明かりが見えてくると。惰性を断ち切るには変化を求めよ。目標を定め誠実に努力を続けろ。一日一日素晴らしい生き方を積み重ねろ。非凡な人生が、道が拓けるだろう、と。   
◆この『致知』は1年間で1万円の月刊誌である。是非御購読をお奨めする。『致知』に載るような人が高崎市法人会のモーニングセミナーで講話をしてくれる。もと体操選手で教育者・岡野俊昭銚子市長が高崎ビューホテルで7月30日朝6時開始、7時終了です。因みに銚子市は江戸時代、高崎藩の飛び地の領地だったそうです。無料御招待申し上げます。
◆<昭和37年第中学卒業生の同窓会通知>オリンピックの年です 初の宿泊同窓会です     

平成20年9月7日〔日〕・8日〔月〕   妙義グリーンホテルにて 

全員に案内は出します。今から予定に入れておいて下さい。友人にもお声がけを。宿泊なしも勿論OKです。今年の幹事さんは4組の伊藤佐喜子さんです。ご苦労様です。 
◆私は普段は50CCの原付自転車で行動している。雨天、強風、寒い時は避けるがもう40年間お世話になっている。大きな車に乗れる免許がないので50CCだが何処でも駐車しやすく、とても快適である。それに極めつけは燃費が安いこと。でも1回500円から1000円時代になったようだ。自動車より格段に環境には良く、懐の財布にも良い。
◆最後に8月9日私は62歳になる。父母からもらったこの体は、命はいつまで持つのだろうか。親が付けてくれたこの名前『誠四郎』を私は大好きだ。この名前と付き合ってもう62年、まだまだこの原稿書きも続けるつもりだし、違った世界も覗いて見たい。『誠四郎』の尻を叩き、気合を入れてやってください。もう『元』に戻ってきたかな!?御礼、感謝。
      
2008年7月7日〔月〕8時間もかかちゃった 広田 誠四郎 記  


Posted by 広田 誠四郎 at 20:07Comments(0)リードプランニング