2009年01月07日

《真剣勝負で挑む》

◆謹賀新年、皆さんいい初夢見ましたか。旧年中は多くのお客様にご支持頂き有難う御座いました。昨年9月、長年お世話になった『広田住宅センター』を廃業、『株式会社 広田住宅センター』に組織変更。私は個人営業のままでいたかったのですが、あまりに厳しい税制にやむなく改組。私の40年の実績・経験を充分に生かし行動します。
◆『リアルヒロ有限会社』は貝沢から田町に移転、今月から賃貸物件借り上げと売買仲介中心の営業に。『有限会社タカビル』は『有限会社広田不動産管理』と社名変更。社長も次男金次郎に譲り、文字通り不動産管理と営繕に特化。大不況の中、皆様の御相談に、より迅速・的確に対応する新体制でスタートしました。改めて御愛顧の程宜しくお願い申しあげます。
◆店舗のレイアウトも変更、事務所の古さもスペースは変わっていません。より狭さだけが目立ってしまったかな。一度遊びにお越し下さい。今回のヒロタグループの大改革は、この不況時に、私が仕事に専念し、社員全員でこの不況に立ち向かわねばとても克服できぬとの判断によるものです。アメラグ時の渾名『ガムシャラな猛牛』復活を目指します。
◆12月20日風邪気味なのに「第九」に出掛ける。珍しく?〔失礼〕音楽センターが9割方一杯だった。去年は大陸の中村君、勝敏の弟、深町光男君、今年は根岸市議、平塚容子さん新入団員ガンバ。大正生まれの先輩は長谷川忠さんの他何人いるのかな。群響も、高崎第九団員も凄い、何が。あの自分の出番でない時の直立不動の待ちの姿勢になんとも頭が下がる。とても真似できない。
◆翌日21日の夜行バスで富山往復出張予定を、体調を考え急遽電車に変更。本当はゆっくり滑川の「飛泉」で美味い海の幸をとも思ったが今回は中止、でももう滑川出張はないぜ。残念だが、今回で土地売却は完売なのだから。結局、富山駅前飲み屋街のルーツ、シネマビルの「茶文」でキスやカジキマグロの料理で一杯飲み、安いアパホテルへ戻り温泉風呂に。広い良いお湯だった。
◆翌22日「サンワ」で取引、現金を預かり、西川社長の車で魚津まで。帰りのほくほく線では私のひい爺さん恒次郎さんの田舎「泊」のにおいをかぎながら「鯖すし」を食す。こんな時お酒なしは珍しい。だって15時の境界立会い、16時セントラルビルの改修見積の報告会、18時半メトロポリタンで高崎立教会のクリスマス会と続くのだから、立教会では、さあー、飲むぞ。
◆11月、12月の3週は『底地・借地』専門家講習でお茶の水に通う。借地借家の旧法・新法、中でも『定期借地・借家権』を得意とする立川弁護士が具体的な判例で解説。この法律改正で奥行きが深いばかりでなく、間口も拡大しているようだ。地主・借地人の夫々の立場で難問山積だが、業者も勉強していないと置いてきぼりされる。
◆そういえば現在ある店舗改修要請の調停訴訟の相談に乗っている。この1月で4回目の調停になるが、副委任をされた前橋の弁護士が相手方に付く。随分と手間暇掛ける割合には事が進捗しない。過去何回も他の調停に関係したが、こんなケースは初めて。時間の無駄そろそろ取下げしないかな、調停委員の先生方も大変だ。裁判の簡素化、スピードアップが叫ばれている昨今だが。
◆ところで皆さんはどんなお正月を迎えたでしょうか。私の元日は7時ゆっくりと起床、散歩後、妻と墓参りそして親子3人で新年互礼。お屠蘇、お雑煮、おせちと進める。長男健太郎は風邪でダウンとの事、史恵と凛太郎で年始に来てくれる、楽しく新年初の食事を。その後田町町内会の初顔合せに、参加者12名、昨年に比して減少、とても淋しい。町内付合いも無くなってしまうのか。
◆例年通りのスタートは切ったものの、今年はどんな年になるのか。厳しかった昨年以上の不況が予測される中、明るく元気に頑張る夢を見続けたい。
2009年1月4日〔日〕24時
広田 誠四郎 書く
※14年間勤務してくれた橋爪友生店長が昨年末退職。近々に開業予定頑張って欲しい。
※田町店長は須藤恵一が後任となります。
本年もどうぞ宜しく
株式会社 広田住宅センター
  代表取締役 広田 誠四郎
リアルヒロ 有限会社
  代表取締役 広田 信子
有限会社 広田不動産管理
  代表取締役 広田 金次郎   


Posted by 広田 誠四郎 at 11:51Comments(0)リードプランニング