グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2010年01月10日

《経済不況よ、とんでいけ》

◆高崎市の皆様、また私のネットで『高崎の不動産屋のオヤジ日記』を見ていてくれる方々に年頭の挨拶を申し上げたい。私は22歳で不動産業界にお世話になって既に41年、あと何年現役で動けるか。そしてこのチラシにコラムを書き始めて、来月で満25年、通算300号になる。自分でもよく続いていると思うし、自分を褒めてもやりたい。今回は、私の夢なんぞを書き記してみたい。

◆①今年は営業面において前年比125%アップを目指す。そのためには私も第一線で動き、社員を引っ張って行きたい。この二番底を横目に見ながらまっしぐらに突き進んでゆく。 ②『このコラムを中心とした本を出版しなさい』と多くの人から勧められているので私も恥をかく(毎月書いているが!?)つもりで今年中に発行をトライしてみたい。まだ何の準備もしてはいないが、どうなることか。

◆③昨年盛岡の『第8回感動大学』(又川俊三社長主催)で一人芝居『決断 命のビザ』で感動・感激。演者 水澤心吾さんに交渉、あの感動を高崎市民にもおすそ分けしたい。杉原千畝物語の事です。 ④糖尿病の治療の徹底のため、体重を落とす。85kgを80kg以下に。七日で五万歩。そのためには酒の量も当然減らさねばならぬ。我々の業界のリーダー エリアリンクの林尚道社長はしっかりと断酒したそうな。

◆⑤お客様に心底尽くす為にはどの様にしていくべきか。倫理を研究して私の行く道を究めたい。『支払日が楽しくなるように』して頂いた仕事に感謝をこめて支払いが、出来るように。 ⑥高崎の観音山の緑化運動に注力、中国沙漠にも、湖南省桜プロジェクトにも、重慶植林なども継続する。まだ実現しないのが東南アジアの多くの地域が待ち望んでいるマングローブの森つくり、その夢の一歩を踏みだしたいのだが。

◆⑦ご先祖様に感謝、今の自分が置かれている環境に何の不満・不足を持たない。これからの社会を背負ってくれる若い人たちに改めて感謝をする。私は『倫理法人会』に入会を勧めてくれた高橋正光高崎市会長に感謝。若い会員が支えてくれる。今や私の生活の基本が『倫理』を中心に据えている。 ⑧モーニングセミナーに昨年は一回欠席、理由は飲みすぎで起きられなかった。今年は皆勤賞を目指す。

◆⑨田町に生まれ、高崎に育ててもらった私の命は田町に恩返しを。これが2010年の私の今までと違った約束となるのかな。ご縁のあるものには積極的に参加し、少しでも恩返しをせねばならぬ。『田町屋台村』が出来たお陰で何かチャンスを頂けた、ここにも若い人たちの大きなエネルギーが発揮され、田町が、変化を起こすかも。かたや私は『飲む』時間、お誘いが多くなって困っている。

◆何よりも大事なのは『リード』さんとの締め切りを守る事かな、毎回担当の西山さんに迷惑をかけているが今年は少しでも締め切り前に原稿が出せるよう、皆さん飲むお誘いを控えて下さい。お願いします。久しぶりに市政について一言述べてみたい。自民党から民主党に政権が変化した。でも県は大澤自民、市は松浦市民党!?。

◆松浦市長は、周囲の人を凄く上手にコントロールできる達人と思う。なぜなら高崎は何とか形を整えながら、ここまでやってこれたのだから。だが、もしかしてもっと住みよい町が出来ていたかもしれない。観音山が在るがゆえ、緑化率は高い。倉渕・榛名の山も高崎だから数字はもう当てにならない。オール松浦党の市議団ではよい高崎は難しいのでは。大きなミスはなかったが。

◆『だって誰も手をあげなければ』と市長さんは言っていますよね。きっと今年は早期から若手が手を上げてくると思う。松浦さんにはどうか、優しいまなざしで若手を指導育成してやってほしい。永いことご苦労様でした。全国で一番の長老市長松浦幸雄もここで引退をするととってもカッコいいと思うのは私ひとりかな。

◆新高崎の2010年がスタートした。こんな変な初夢を見、勝手な失礼な事を書く奴は抹殺されてしまいそうです。どうかこの1年は、静かにしていますので仕事のほう、どうか本年もよろしくお願い致します。全国の皆さんも応援してください。

2010年1月1日
広田 誠四郎(09年12月27日)書く   


Posted by 広田 誠四郎 at 11:46Comments(0)リードプランニング