グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2013年12月13日

《 この1年お世話になりました。 》

◆もう師走、今年を振り返ってみたい。私個人では①即行即止②早寝早起・健康管理③事前準備④身辺整理(後片付)を心がけたが、これらが目立って不徹底、故にストレス多発。⑤国外植林活動はゼロ、県内で多方面の体験を積む。仕事面では①4月に新人3名が入社、さわやかな元気パワーが全開②震災後の仮事務所にも全社員がすっかり馴染んで実力発揮③全体的には好況感も味方して業績も順調にUP。社員の皆様1年間お世話になりました。
◆残念だがこの年末に予定した湖南省蒋家村行きが急遽ベトナム行きに変更。沙漠緑化運動に関わってから22年。合計40回程中国へ通っているが今年はゼロとなった。現在の日中関係ゆえ気乗りしないのは当然だが、少し位の『揺さぶり』で中国の知人・友達関係を失くしたくない、皆よい仲間だ。もとはといえば地球環境は一体である。現に経済・気候に留まらず全ての事象で互いの影響を受け、また与える。ここは我慢一徹、耐えよう。
◆人間学月刊誌『致知』1月号が手元にある。表紙は下村博文文科大臣(倉渕村・高高出身)、渡部昇一氏との対談で教育勅語・改革について熱く語っている。久しぶりに本物らしい考えを持った大臣の登場に大いに期待したい。他に立谷秀清相馬市長の震災から逃げずに、町を護った話は素晴らしい。税所篤快氏のバングラデシュでの『グラミン銀行』をヒントに、他多くの話が宝石の如く光を放ちながら紙面に詰まっている。皆様もどうぞご購読を。
◆10・11月の横川山林調査で特に感じたことを記す。ただ一言、滅茶苦茶荒れている、田畑の耕作放棄地どころではない。杉・桧林はまだ少しはましだが、雑木林の多くは竹林に変身。作業車が侵入できる道幅に広げ、国内産の木材の利用を促進する。いつその時代が来るのか分からないが。そういえば私も僅かだが放置した山があったっけ。確認し竹の伐採をせねば。12月7日観音山の裏山で久しぶりの竹伐り作業。良い天気で気分良し、感謝。
◆11月4日住宅展示場相談会で2人のコンサルを。5・6日は倫理で松本まさし研究員の講話。8日松浦幸雄前市長の講話。9日杉並区和田の現場確認・アメフト日体大ー立教戦応援、勝利。10日喰いものや亮ライブ。11日ベトナム訪越団下山祝い。12日林真理子講演会。16日広田の満室セミナー。17日不動産セミナー・えびす講。19日同友会総会。20日高崎神社敬神会青年部会。21日日赤表彰・第九合唱団。25日高高理事会。30日木村松男氏葬儀。◆12月2・3日倫理・田形健一。3日富岡市長後援会・田町忘年会。4日御徒町立教アメフト同期会。5日交通安全マスコット配布。8日井坂しずえ様葬儀。11月は他に横川で10回山に入り楽しかった。話変わるが町田錦一郎氏の『相馬ヶ原』ヘリの活躍の話『夜間訓練騒音が凄い時があるでしょ。あれは赤城山が北朝鮮の地形に類似しているので訓練地に時々使うのだ』そうだ。皆その音に驚かさせられる。今後もオスプレーが飛び回るのか。
◆12月は忘年会・クリスマス等でより飲む機会が多い。今日9日からお酒を休める予定は今のところ6日もある。少しは肝臓を休ませたいが、仕事を沢山するとどうしても気分転換やら、ご褒美という事で酒を飲んでしまう。12月目標のノンアルコール日は計9日間、達成したい。飲まない努力と歩く努力を心掛けよう。1日1万歩、1月30万歩、1年で365万歩か。今から練習して来年の今頃にはあと5万歩です、と報告してみたい。
◆東京オリンピック招致で株を上げた都知事が、今度は5千万円で失政、国会議事堂はデモ隊に包囲され東京の勢いを削ぎ、景気にも悪影響が出始めている。一方高崎は新体育館・音楽ホール・競馬場跡地・旧郵便局跡地開発・イオン駅前進出・分譲マンションの建設ラッシュそしてスマートICが2月開通等々大きく変化が進む。富岡賢治高崎市長は市政全般に気合を入れ市民を導く。今のところ概ね市民にも職員にも議員にも評判は良いようだ。
◆この10月11月と高崎の多くの飲食店は景気がよくないという。そんなに悪いとは思えないのだが極端におちているようだ。が、何はともあれこの上州気流に、いや上昇気流に乗って来年は大きく羽ばたく年にしたい。駿馬にのって高崎で大きく嘶いてみたい。本年のご愛顧に対して御礼を申し上げ、皆様の来る年のご健康とご繁栄を心からお祈り申し上げます。
2013年12月9日〔月〕
広田住宅センター 代表 広田誠四郎 書く
広田信子・広田金次郎・須藤恵一・平野博司
仲鉢三枝子・立石薫・田中康祐・田中靖代
萩原夕紀・山田恵理・兵藤文男・戸塚啓太
石井さやか・石川拓馬・根岸希代子
  


Posted by 広田 誠四郎 at 11:46リードプランニング