グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2014年05月18日

《 あーあ くたびれたなー 》

◆この1ヶ月で県内の首長が少し変化。まずは今一番ホットな町富岡が古い市長さんの再登場。良いか悪いかは知らないけれど、余程対抗馬がーー。若い人が負けて70才過ぎのベテランの桜咲く、か。でも当初、立候補し引っ込んだ人がそのままだったらもっと大変な事になっていただろうから。くわばら、くわばら。富岡市はそんなに田舎町なのかねー?(今月は、冒頭から何を言い出すのかー陰の声)岡野前市長さん、お疲れ様、ご苦労様でした。
◆安中は県初の女性市長の誕生、結果、前岡田市長のワンマン?ぶりに地元市民がノーという反応か。新市長は富岡と連携して『世界遺産』を盛り上げるという。安中は奥行の深い、緑多い、不便な町、そこに私は魅力を感じる。山林を利用しながら、自然と共生していこうよ。そういった点では沼田市も似ているのでは。安中も、沼田も、藤岡も、富岡もいや高崎だって現在の、市街地だけの開発に留めるべきではないのでしょうか。各首長のお手並み拝見。
◆ところで富岡賢治高崎市長さん、お疲れ様です。毎日、休む間もなく激務をこなすのはどこの首長さんでも同じだろうが。賢治市長の活動実績は他の人の2期、3期分にも相当すると感じるのは私の贔屓目なのかな。まだ3年というか、もう3年というか、あっという間に残り1年になった。くたびれていませんか、健康診断は。しっかり休みをとって下さいよ、無理はいけません。奥さんのいう事はよく聞くのですよ。そして自分の体調とよく相談して下さいね。
◆4年前の高崎市長選立候補時点で『私は2期はやる』との宣言通り来年は再選を目指すのですか。もう2期分もやったが同然、今度やれば8年でなく、16年相当になってしまう。長いのは如何なものか、と言っていた賢治市長は、この際1期でよいのではないか。残り1年を存分に暴れまくり、後進に道を譲るのもどう?でも何を言っても『我が道をゆく』市長。よく体と相談して、来年出るなら一番に、早く続投宣言すべきだ。私は選挙は嫌いだが本気で応援したい、最後だから。
◆春・選挙・繁忙期が終わって5月の連休が今日で終了。『世界遺産・富岡製糸場他』は思いがけぬ観光客を群馬県に呼び寄せることになった。私は『とても遺産指定には届かないよ』結局は落選しても、長引いてお客を呼べるだけで、成功なんだ。との情報を信じて疑わなかったのだが。高橋伸二先生おめでとうございます。今回の指定の第一の貢献者・高橋弁護士の、富岡を愛するその純粋さ、信念に深い敬意を表します。本当におめでとうございます。
◆4月6日孫の凜太郎・万次郎家族とお気に入りの『ぎょうてん』に。7日メッチャニーノ田町花見 8日飲みすぎダウン 10日前田屋RC二木会 12・13日静岡史志の会研修 15日日赤高崎総会 16日太田物件調査 17日伊勢崎倫理 21日ジョージアン高崎立教会 23日高田馬場定借研修 25日みはま会 26・27日馬場相続研修・試験 29日マーキュリーそばひろ40周年 5月4日芳村 妻と食事。私にしては、珍しく静かな1ヶ月であった。
◆3月末で『五十番』、5月末で『ひらら』が閉店、お疲れ様でした。黒沢忠三さんはもうくたびれたと暖簾を下ろし、髙橋斗士子さんも。でもまだまだ若い、昨年末の『大滝』さん(1級下)もくたびれた。皆、多くの人に愛され、親しまれた店がしまう。『くたびれた』は尤もだが、一番の理由は『後継者』難だと思う。この10日ミニクラス会を『ひらら』で開催、いつも世話になった店がなくなるのは寂しいネ。でも人生引き際が大事と昔から言うよね。お疲れ様でした。
◆日本赤十字社『大鵬号』の寄付を横綱白鵬が承継。『土俵の上だけでなく大鵬師匠の背中を追いかけます』と。『ぐんまの赤十字』は2月107歳で大口寄付者『川浦秀男』さんの訃報を伝える。多くの人が金額の高低は別に拠出し、社会貢献に打ち込む、また労働奉仕に励む。私は借金で苦しい中、日赤の、またベトナムの、環境・自然保護のお手伝いの実践を。だって今だから自分の動きが見え、確認でき嬉しいんです。きっと死んだら何も見えないですよね。
◆5月24日『ベトナム教育里親の会』の総会、興味のある方電話(090-3147-7545)下さい。ハノイ市教育委員会窓口で1年間7200円・5年間で卒業の奨学金制度です。この9月新1年生になるハノイ市小学生50人、一人の里子を面倒見て頂けませんか。11月にはかわいい里子のプロフィールが届きます。今年は会発足20年目の記念すべき年になります。どなたでもご入会いただけます。
2014年(平成26年)5月6日 24時少し前
広田 誠四郎 書く

  


Posted by 広田 誠四郎 at 08:59リードプランニング