グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2017年02月18日

《ホーチミン・ダラット報告書》

◆2月に入り、日が伸びたがその割に朝は早くなっていない。自宅の河津桜ももう蕾を膨らませ開花準備に忙しい。1月はリハビリ通いが9回・14日定期の診察・17日負荷実験他・ベトナムに5日間と快調に過ごせた。診察結果は良を戴いたが、チョット調子ついて張り切りすぎると心臓が痛く、眩暈がくる。ベトナム旅行中に3度ほど痛みがきた。心臓のせい・糖尿のせい?やはりまだまだ本チャンには程遠い。自然は巡り、春は毎年来るが、私は一足早く1月22日〜26日迄南ベトナムの春を楽しんできた。
◆ホーチミン市から250㎞のダラット市を初訪問。藤和グループ(駒井實代表)の日越桜第3回親善ツアーに参加、総勢60人強だが駒井さんは体調不良で不参加。単独申込だったが三浦敦朗・大井田健一・鳥羽親彦社長の倫理仲間3人と偶然同行。ダラットは標高1500m、軽井沢の様な避暑地だそうだ。如何にもフランスっぽい街並みと雰囲気、早速散策に、高い建物は少なく、空気は澄み少し肌寒かった。ホテルから中心にある人造湖まで往復5㎞を快適に歩く。路地裏でもいつものハノイとは全く雰囲気は異なる。
◆夜は県副知事・市長・病院長他多くの要人参加での歓迎レセプション、歌・楽器・踊り等賑やかな宴会となった。このツアーを組み、日越両国の医療・介護などの医療・文化交流を促進し、より濃密な関係を創り出す。素晴らしいアイデアと実行力に改めて敬服させられた。さてこの会の名前『桜プロジェクト』の植林現場は例の湖畔、3年前からこの地において植林を始め、多くの桜咲き乱れる観光名所を目指す。そこに石碑が建っていたが「HIROTA JYUTAKU CENTER」も刻まれていた。私は少額寄付をしたっけ。
◆ホーチミンに戻って、多くの人は特別ツアーに出掛けたが三浦さんの親友 大門アクティの中田さん(現地工場経営)の案内で白エビの釣り堀での釣りを楽しみ、食して、テト(旧正月)の華やかなイルミネイションが輝く中今度は「おふくろの味 ますお」。小学校時代からの友人が経営、私は2度目。元気な夫婦少し若くなったようだ。翌日、午後はテト休みというのに運転手や守衛を出勤させて工場を案内してくれた。叉高級住宅地の自宅までも案内してくれ、私のベトナム半住生活の夢をそそってもらった格好になった。
◆その午前中は最大の出来事が。QUE HUONG CHARITY CENTER viet nam red crossを訪問、孤児院だ。学園長は49歳の女性、創立16年で現在340人の子供を面倒見ている。1か月前に園の前に捨てられた生まれたての赤子・混血の肌の黒い・白い・身障者・幼児・小・中・高・中年・年寄りまで給食も学校も、多くの外国のボランティアの青年たちの手伝いも含めて運営されている。あの現実を面の当にして私の心は大きく揺れた。是非近々に再訪し園長に会って話を聞き、何ができるかを模索したい。
◆話は変わるが、今私は「鐘の鳴る丘」2代目品川園長にビジネスでお世話になっている。きっとホーチミンのこの園をご存じだろうが是非このお話をして私の方向性の指導を受けたい。今の品川さんにお会いし感激したけれどきっと先代品川創始者はもっと迫力のあった方だったんだろうなと想像。そしてこの園のHUONG TIEU HUYNH園長さんもきっと同じような立派な人だろうと想像した。彼女は両親に乱暴され、逃げ、勿論学校など一度も行かず、無宿生活の中からこの施設を造ったという。今月中に品川さんに会おう。
◆この施設はベトナム赤十字が全面的にバックアップ。まさか今回のツアーで「孤児院」「赤十字」が出てくるとは、私はただビックリ、中田さんが私にこの2つを謎かけしたのかと私は悩む。取り敢えず、私が出来ることはゼロである。今やっている事をもっとしっかりした組織にする事だけ。他の事には振り向かず『中国植林』『ベトナム里親の会』のみに集中する。ただ「孤児院」の思想・手法は勉強せねばならぬ。そうだ『日本赤十字有効会』を忘れていたっけ、多く手を出しすぎは、良くないよね。そうだそうだ。
◆今月はベトナムでの話に終始。それだけ多くの感動を戴けた旅でした。『里親の会』もそれなりの感動を貰えますがーーー。2月は寒さも、雪もまだまだこれから本格的に襲ってきます。11日から中国湖南省で植林現場の視察です、どの位の林になっているか、村民としっかり交流してきます。今の時期、未だ厳寒の時もある様なのでせいぜい心臓を大切にしてきます。お互い寒さに負けずに頑張りましょう。来月は『蒋家村報告書』をお楽しみに。おやすみなさい。

2017年2月4日21時書き終わる
広田 誠四郎

  


Posted by 広田 誠四郎 at 20:14リードプランニング