2018年03月15日

タイトル 父に『代わり』まして、『変わらず』に、よろしくお願いします

【ご挨拶】高崎市不動産リードをご覧の皆様、はじめまして。広田住宅センター2代目の広田金次郎と申します。現在40歳。妻と最近産まれたばかりの長男との3人家族です。大学を卒業してから、現会長である父誠四郎の下で18年間不動産業一筋。ちなみに学生時代は中学から大学まで柔道一筋。ひとつのことをコツコツ長く続けるタイプです。2016年1月より世代交代をしまして現在広田住宅センターの2代目として日々、地域の皆様、弊社のお客様、協力業者の皆様に温かいご支援を頂き、また会社のスタッフに支えられ毎日楽しく仕事に励んでいます。現在父は入院中でして、折からのインフルエンザ流行もあり病院ではお見舞い・面会禁止状態となっています。父への心遣い、ご心配、など皆様のお気持ち大変うれしく頂いています。家族・会社のスタッフにも励みになりますが、見守って頂ければ幸いです。父に関して会社への電話でのご連絡・ご来店共に、繁忙期でもありますし失礼な対応になり心苦しく、他のお客様へのご迷惑をおかけしてしまう事がありますので、何卒お控えいただければ幸いです。現在父も回復に向け懸命に頑張っています。いずれこのコラム欄で皆様に父自身からご挨拶できる日がやってくると思いますので、その間、私の文章にお付き合い頂ければ幸いです。父と比べ、人生経験も浅く、あのような独特なユーモアを織り交ぜながら、皆様に読んでいただける文章が書けるかどうかはわかりませんが、少しづつでも皆様に文章も人間としても成長している姿をお見せできるように頑張ります。
【豆まき】いつから始まった習慣か、弊社では2月3日夕方から事務所の窓を全部開けて「鬼は外―、福は内―」と威勢よく大きな声で豆を撒きます。良い時間帯なので、近所の酒場のお客様に笑われたり、道行く方に変な目でみられたりすることもありますが、1年に1回福を招くための大切な会社行事なので皆、必死です。(ご近所の方には大声で、ご迷惑をおかけしています。)最後の締めくくりに私が鬼役を買って出ましたが、豆を楽しそうに投げてくるスタッフもいれば、投げづらそうに戸惑っているスタッフもいて立場や関係性で色々異なる様子が面白くて、ずっと笑っている変な鬼役となりました。
【繁忙期中の会社】不動産業界では、いわゆる繁忙期と呼ばれるのが2月から4月中旬まで。父不在の中で迎える初めての繁忙期に、スタッフの中には不安があった者もいたと思いますが、皆で連日朝から夜まで力を合わせ精一杯仕事に励み全ての業務において昨年を上回る数字が出ている状況。本当に感謝の言葉に尽きます。ある日、外仕事から会社に戻るとスタッフの笑い声が。その笑い声を聞いた時に、私はなんと安心したことか。このような会社の状況で、皆気忙しかったり、不安などで暗い気持ちになっているのが当たり前なのに、いつもと変わらず、スタッフが笑ってくれている。この笑い声を聞いて、この仲間の為に自分は益々励み、楽しく安心して働ける会社作りを進めていこう、と心に固く誓いました。
【父の仕事】父が手がけていた長屋解体後の境界測量立会いに貝沢町のある場所へ。測量士の赤岩先生が父の入院を知り(以前より、殊の外かわいがって頂いていましたが)、私の為に関係者へのご挨拶やつながり事の大切さ、境界取り決めなどを現場で教えていただきました。「金次郎君のお父さんは、必ず事前に挨拶に行き、その後のことも考えて当日に不足が無いように色々気を遣っていたよ」と、赤岩先生。朝に夜に何度も現場に足を運ぶ父に、自分はふざけて「会長は効率が悪いことをしてますねぇ」と軽口をたたいたものでしたが、それだけ父が現場を、その関係者の方々を大切にしている想いを知り、自分の過去の軽口に、自分の頭を叩かれる様でした。立会いの現場では、近隣の方々から「ボロ家ばかりだった町内がキレイになって本当にありがたい」「空家で子供の火遊び、いたずら、ホームレスの出入りがあり大変だったが、その心配がなくなって助かった」「こんなに良い風や日当たりは何十年ぶりか」「是非、町内の為にも新しい人を呼び込める建物を」と喜びと感謝の声を聞き、父の仕事をこのように感じてくれる方がいることが嬉しくて40歳にもなって少し涙ぐんでしまいました。
【相続?争続?】最近、お客様とのお話の中で、相続に関するお悩みを聞くことが大変多くなってきました。お話を良く聞くと、その中には様々な思いがありますので、売却の相談でいらしても、(それも一つの選択肢に残しますが)お話を整理して、不動産のプロとしてその方に合った今後の可能性や選択肢をコンサルさせて頂きます。大切なのは、「残す人の想いと残される人(達)の想い」です。このどちらかに差があるとせっかくの想いが争いの種になってしまうこともあります。家族だから、言わなくてもわかる、残すほうの勝手だ、と独りよがりにならずに、是非相談を。
【父に代わりまして】現在、父の携帯は私が所持し対応しています。父の携帯には、今もひっきりなしに様々なお電話を頂きます。私は、現在『社長』などと肩書きを貰い、最近仕事がやっと満足にできる様になった程度ですが、プラスして父の仕事の対応は大変ではあります。ただし、ゆっくりとでも、目の前のことを確実に丁寧に父の仕事も含め全力でお手伝いをさせていただいていますのでご安心ください。皆様、どうか変わらずに様々な不動産のご相談をください。遠慮なくビシビシ私を鍛えてください。汗をかいて一生懸命学びます。『社長』の肩書きは、会社の代表になれば、(まして私は息子に生まれただけで)与えられます。これからは『経営者』として器を広げる為、更に覚悟をもって更に楽しく励みます。皆様の変わらぬご愛顧、ご指導ご鞭撻のほどなにとぞよろしくお願いします。
平成30年2月28日午後3時 定休日の事務所にて
広田 金次郎  


Posted by 広田 誠四郎 at 20:41

2018年01月11日

《明けましておめでとうございます》

◆【年男】今年の干支は戌、私も72歳になる。平成22年に『おまけの人生・もうけもの』(57歳―61歳)を出版。その前書きで、私の祖父広田松郎は71歳、父金一は50歳で没、私は83歳と予言したが、平成20年4月に軽い脳梗塞で一時期歩行困難になり、行動自粛、範囲の縮小をした。83歳寿命が61歳で没では勿体ない、そんなことで『おまけ』の題名をつけたわけ。その後68歳で心筋梗塞を発症、でももう3年強元気でいるからあと10年強の『おまけ』を楽しみたい。そろそろ2冊目の続編を出そうかな。
◆【年賀状】この10年以上私は賀状を書いていない。この文章が全国どこにいてもネットで見ることが出来、現状報告は出来ていると勝手に決めて欠礼。小中高大の同級生や先輩・後輩、お世話になった方々からの年賀状は本当に嬉しい。しかしいつの間にか戴く枚数が減ってきていた。それはそうだよね、こちらからは1枚も返事も書かないのだもの。「少しは忙しぶらずに礼儀を尽くさないと遊んでもらえなくなるぞ」の忠告。改めて有り難くお聞きしました。でも何枚書けるかな、印刷のみはイヤナンダヨナー。
◆【大晦日】31日バーバータジマで調髪、ご主人との会話「昔は24時迄営業、行員はその後集金をし、銀行に戻って金勘定、それから床屋に。よく働いたな」。私は子供の頃アパートの滞納家賃の集金に、父母から「除夜の鐘が鳴ったら請求は駄目だよ、それ迄に集金を」と、働く・稼ぐ事と、請求の違いを教えて貰った。それに比べるとーーー。私の大晦日は机の周辺の片つけをし、夜はTV「懐かしのにっぽんの歌」を見ながらこの原稿の準備に入る。余裕があるのか、やる事・やる気がないのか?随分と変わったね。
◆【訃報】12月29日立教先輩清水正巳氏80歳通夜、30日前橋紙工荒井綾子氏65歳通夜、12月3日森林(やま)の会宮下みどり氏60歳葬儀、5日サムオーナー佐藤安治氏72歳葬儀、本元寺世話人東瀬順三氏95歳通夜、11日写真館籠島和芳氏60歳・宮元町区長富田政留氏80歳葬儀、19日64期代表幹事群馬テレビ塚越真氏72歳葬儀、25日田町ひつじや松浦令冝氏94歳葬儀、26日トヨタの横田英一氏85歳没。私は30年前から竹中三郎翁の『ご縁を頂いた人へのお悔やみ・お別れは懇ろに』の教えを遵守している。
◆【お別れ】「まこ」ちゃんが逝く。4日前に新年会のチケットの件で電話したばかり、責任感の強い男だった。「まこ」さようなら。田町のひつじやさんには商売・お酒の飲み方を、躍進会で教えて貰った。横田会長には殊の外お世話になった。高崎立教会を全国校友会の雄として知らしめた力は、誰にでも優しく、暖かい人柄にあった。連日の会合でもお酒を控え、体に注意されていたが。18日の立教クリスマス会で『入院された』情報を。余りに急な旅立ち、とても残念、お世話になりました。2月8日お別れの会。
◆【葡萄屋寄席】8日、清水文四郎社長と立川談志師匠との交友からスタートした葡萄屋寄席も89回目の開催。もっと発展させ高崎市が笑点都市『落語の町』宣言をしたならば如何?この1年間で『高崎落研くらぶ』を組織し『お笑い落語月間』の企画をし、毎月市内公演が開催できるように。更に言えば小さな『お笑いホール』でも街の片隅に。高崎出身『林家つる子』の力も借り、賑やかな高崎を演出する。中国語専攻のつる子の楽しい中国関連落語なんぞも用意できぬものか。もしかして馬鹿うけするかも!
◆【目標】①健康管理、糖尿病治療 血糖値A1C7,7を7,0に・心筋梗塞リハビリ・体重76kgを72kgに②散歩 毎日15分と5、000歩、1週間で35、000歩③睡眠7時間 23時前に就寝・6時起床④週1日は休日(水曜日)④海外へ5回⑤―――。これだけでも全部実行はきついのであまりに書きすぎぬようこれでお終い。今年から水曜日休み。水曜日は5時―8時倫理勉強会、9時半―12時半迄リハビリ。私にとって人生初の定休日、嬉しくて今から何をしようか考えるのだが。分からない?
◆【三が日】私にとっては落ち着いたゆったりしたよい3日間、元日は、健太郎一家-史恵・凜太郎・万次郎そして金次郎・亜由美が揃って元日の挨拶を。長男一家は暮れに帰国し5日にはペナンに戻る。余りの寒さに来年の正月の事を来るかどうか、もう心配している。孫は毎日泊ってくれる、私のお返しは『人生ゲーム』につきあう事、遊んでやっている心算が、私が夢中に。小5と小1の賑やか・うるさいこと、来年は誠太郎?が増える予定、どうなることやら。少しは環境も、爺さんらしくなってきたかな。
◆どうぞ本年も宜しくお付き合いくださいませ。以上。                   
2018年(平成30年)1月3日
広田 誠四郎  


Posted by 広田 誠四郎 at 16:26

2017年12月26日

《今年のゑびす講の人出は過去最低?かな》

◆≪後見人≫とは弱者〔知的障害・未成年・認知症等〕の味方をし、財産を守る家庭裁判所から選任された人。過去後見人のついた売地・売家は5件しか扱った事がないが、何のトラブルもなく売買が成立、私も良い制度かと理解していた。従来本人と家族の合意があれば精算迄進み、何ら問題なかった。最近の取引は、高齢者で認知症の売主が多い、故に今はやたら本人確認を、認知度は?と事前の調査・準備に手がかかる。病院や施設に司法書士と同行、商談を進める。勿論今や私も含め、60歳代の人でも認知症の傾向がーー、くわばらくわばら。
◆≪例1≫横浜に居住する親子、父は96歳。認知による後見人申し立てを昨年11月申請し、今年7月後見人が決定。その後「全財産の掌握が出来ていない、書類が不十分」との裁判所からの通知、今現在も何もできず静観。悪いのは裁判所、それとも後見人?その土地は隣地が買ってくれるというのにもう1年半、動かない。申請人は申し立てをして自ら身動きでなくなった格好。後継人制度よりも『家族信託』がずっと有利ではないか。遺言状・生前贈与・難しい相続等にも対応できる。新春より始まる勉強会に私は入会するつもり。一緒に勉強を始めませんか。
◆≪陸王6話≫≪おんな城主 直虎47巻≫は全部ビデオに、それに健康・病気番組、又どうしても消せないビデオもあるので237番組が残っている。特に今、『陸王』が面白い、2中時代の長距離は足袋運動靴を好んで履いた。足袋から市内中学駅伝を思い出した。聖石橋・公園下・八千代橋・烏川西の土手を廻る5人メンバーでの学校対抗。選手不足・風邪で棄権できぬ為フラフラで走った、56年前の事。もう一つ披露、東京オリンピックの聖火リレーの走者として倉賀野町を走った。これは53年前?かな。あの時の写真が欲しいな。
◆≪レスリング部紫藤健一≫11月7日、富山出身・北国銀行?の大学同期 紫藤来所。朝松井田から徒歩で高崎に、今年は京都-江戸まで中仙道を歩く計画。昼『みはま』でうなぎを食し1時間強で別れ。夕方電話、今日は熊谷泊まり、のんびり気ままな生活が羨ましい、50年ぶりの再会、嬉しかった。夜は富岡市長の戦略会議。オーパの開店で駅周辺は賑やかに・アリーナでは大きな大会がどんどん開催・医療・福祉・産業団地への企業誘致・教育等全てに果敢に攻める姿勢は頼もしいがイエローカードにも気をつけて下さいな。
◆8日高崎市日赤で新潟研修9日RC・下之城測量・魚辰二木会10日会計事務所打合せ・宅建講習・小泉六矢さん通夜弔問11日世田谷区の98歳のお客様を訪問、私がお相手した男性の最高齢。お元気で、記憶・気使いも正確で、「認知」とは無関係。商談後味の素スタジアムに日体大に勝利12日京目・飯塚・下豊岡打合せ13日中居打合せ・不動産コンサル勉強会14日リハビリ・日赤功労者表彰・金古15日上並榎・金古・田町・たかしん落語・京目16日京目・日赤県・RC会長会17日プロバス・北軽井沢18日ミライズクラブ・立川現調19日RC地区大会20日まほろぼ研修21日高木寅治さん葬儀・高校理事会22日倫理伊藤均先生講話。神社23日金古・豊岡・田町・市政報告会24日岩井市長倫理・七日市・豊岡25日中林家通夜・『望郷』・鳥久26日横浜スタジアム中央大に敗北。以上が11月でした。
◆≪中華街≫今日は同期の安藤邦夫と下級生の5人とで食事。お昼から中華の食い放題・酒の飲み放題。それにしても今迄4-6年下の連中とはあまり飲まなかったなー。水戸の京成百貨店の西村寛は中々の名士の様だね、土浦の中川ヒューム管の社長や会議所の会頭なんぞも面識あるようだし高崎の高島屋・オーパ・スズラン情報にも詳しかった。面白いのは銀座でセントポールズサロンをやっている大野勝三、私でも行ける低廉さの様だ。森島稔も横河商事の監査役・親父兄貴も著名だとか、伊丹直也は東興海運の常務,園部憲一は商社社長として関東圏内を顧客管理で訪問の毎日。流石に今日の中華街は数えきれないお店が並び、楽しかった。中華の後は立川のコインパークの仕上がり具合のチェックに。帰宅は8時半、お疲れ様でした。
◆≪とん多≫12月1日は同期の定例の飲み会、内山雄允情報では立花のみ前立腺肥大で欠席?、新年2月2日は東京サンダラースの新年会は渋谷道玄坂のパンダだとか。せいぜいたくさんの店を訪ねたい。もう師走か、仕事はしっかりと一つ一つ仕上げていきたい。あまり仕事を入れぬようにしたい。どうしてこんなに仕事を頂けるのか。
 どうぞ良い年をお迎え下さい。

2017年11月26日26時50分書き終わる
広田誠四郎
  


Posted by 広田 誠四郎 at 17:45リードプランニング