グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2008年08月23日

≪高崎市街地は樹木が多い!?≫

◆前回から40日ぶりの原稿書き。多くのことがあった夏であった、一番嬉しい事は4月体調を崩した以降、7月MRIの最終検査を無事通過できた事である。いくらか脳梗塞を起こした痕があるようだが、先生から合格点を頂けた。まだまだ集中力が戻らない状況で歯がゆいが、本来こんなもの、高きを望まず、ゆっくりと、気長にリハビリしよう。
◆7月11日『てっぺん』『クロフネ』二人の社長の講演会を次男金次郎と県民会館で聞く。28日金沢、長野、高崎3市長の鼎談は金沢が欠席、残念。夫々個性豊かな首長さんの話を聞けて面白かったが表面的な市の紹介が多く時間が勿体無かった。それにしても松浦市長は若い。強靭な体力と、明晰な頭脳は『高崎のおばけ!?』、アレちょっと表現を間違えたかな。
◆29,30日、岡野俊昭銚子市長に倫理でお話頂く。元全日本体操コーチの説得力ある話に全員充分納得。バルセロナ小学校長時、米の911テロ勃発、その後の家族保護対応は素晴らしいものだった様だ。日米安保条約に保護された原油高騰、供給問題にも言及。とても書き足らないので『岡野俊昭 体操』でネットで検索・アクセスを。高崎・銚子をもっと太い絆に。
◆7月12日川崎市で近藤組川口久夫常務、17日、松本孔版社長、同期の金田安弘元市議の通夜。18,19日はぐんたけ小山勝三会長の通夜、葬儀。会長は田町の大先輩で、貝沢店リアルヒロの大家さん、『ベトナム教育里親の会』創始者。私の父金一は幼友達、私は40年間お世話になった。熱心な真面目な実業家、宗教家、思想家、巨星堕つ。
◆北京五輪については少しだけ。まず近所の小茂田猛コーチは2人目の五輪選手を指導した。塚沢中出身平田美恵さんと今回の高商出身内田翔選手、ずっと群馬スイミングスクールのコーチ。もう暫く会ってもいないが、選手を育てる苦労話や『スピード水着』談義、等講演をお願いしよう。何しろ長く続ける事の大切さ、偉大さを教えてもらいたい。
◆4年に1度の大会に出る事も素晴らしが、そこで自己ベストを出す、出せる。こんな選手に私は拍手を送りたい。少しの時間の前後で記録を競うのか、同じ条件で走るのか、泳ぐのか、1対1、複、チームプレーなのか、多くのスポーツがある。多くの競技に懸命に取り組む若者の姿に感動をもらえる熱い祭典もあと僅か、日本 加油。
◆8月11日コアホールで『高崎花路花通りフォーラム2008』開催。近藤三雄農大教授は「最高の緑化祭を終了、そのフォローが出来る町は全国で始めて」と高崎を褒め上げた。パネリストの一人芝崎勝治代表実行委員は、気分よく『市民力』を強調、今後も『花まつりの開催を検討したい』と表明。何はともあれ、ボランティアの方々お疲れ様。
◆11日は反省会ではなく、互いの『褒め上げの会』。それにしても『良かったね』『勧告客の多さ・経済的効果抜群』の声ばかり。私はこういう形でイベントが進められていくのでは『真の市民力』は―――。どうせ皆で行動を起こすなら『一点集中』させ、そこから拡大をという良い意見に唯一、私は納得できた。反省と前進で『市民力』を高めて欲しいな。
◆高崎市は路上に置いた移動式花壇やプランターを希望者にイベント終了後配布した。きっと各家庭では活躍してくれているだろう。『花』で飾ると言う事は豪華だが、一時的であり、手がかかる。『緑』は温暖防止化に貢献し『花』より手がかからない。どうか高崎の市街地にもっと緑を増やすことを検討してみませんか。
◆前橋では『バラ園』の大きくなりすぎた株は植え替え、欲しい人に分けてあげた。『古く大きくなると良い花が咲かない』そう市民に説明して、納得させ配布した。その点、高崎の街路樹撤去事件はお粗末、信号待ちでの、日陰がなくなり、代わりのか細い並木は申し訳なさそうに緑の葉をつけている。
◆昨晩のテレビ東京の番組『ソロモン流』では田舎暮らし達人の『藤門弘』を紹介。彼は大学の同期生。ブルーベリー栽培、ホテル経営、自然教室など62歳の彼は積極的な模範生の生き方をしている、伊勢崎の菅家利一ぐんぱつ社長も熱心なブルーベリー栽培者、近々に北海道の『アリスファーム』訪問の打ち合わせをしたい。
◆さあ、なんとか体調も戻ってきたので、3ヶ月の遅れを取り戻すべく仕事に、遊びにハッスルしよう。この29日から中国湖南省で植樹、9月20日は盛岡の『感動塾』、10月はベトナム、北海道訪問の予定。以上。

2008年8月17日(日)夜遅く
広田 誠四郎 書く
  


Posted by 広田 誠四郎 at 15:53Comments(2)リードプランニング