2010年07月09日

水澤心吾一人舞台のお知らせ

水澤信吾一人芝居


当日は、満席盛況の中で無事終える事が出来ました。誠にありがとうございました。
  


Posted by 広田 誠四郎 at 09:46Comments(0)お知らせ

2010年07月07日

《7月31日は、たまごホールに》

◆2010年の路線価〔路線価は3月発表の公示価格の80%水準〕によると前橋市本町が2年連続全国県庁所在地の最低価格と発表。どの県都よりも安いということは商売がやりやすく、安定し、借地代も安く、住みやすい?事になるのかな。高崎から見た前橋はとても魅力的であるがどうしてこんなに安い評価なのだろう。どうせなら「全国一地価の安い県都、水と緑のまえばし」を売り出そう。

◆高崎駅周辺を含めて市街地商店街がいまひとつ元気がない。私は駅中(エキナカ)だけは元気と思っていたが『いやー高崎のモントレーだって良くないよ』と聞いて驚いた。どこか良い所は?イオンも悪くはないが特別良いとはいえないようだ。それではどこも良いところはないね。全国どこでも間隙を縫って少数の会社が儲かっているだけ。これは困ったことですね。ホント、ホント。

◆店舗は一度空くと中々次の入居者が決まらない。高崎の商業力を今更嘆いても仕方がない。こと田町においては救世主の『屋台村』の出現で取りあえず『夜』は賑やかになってきた。更に新しい店もオープンする。若い20代から70代まで溢れかえっている時もある。この雰囲気を利用して大いに街つくりに注力していきたい。高崎を元気にして、平行して前橋も引っ張りあげよう。まず、田町から。

◆7月31日は広田住宅センターが初めて行うイベント『ひとり芝居─杉原千畝物語─』。盛岡市の『感動大学』で味わったあの感動、感激をどうしても高崎の皆さんにお伝え致したく企画しました。42年間高崎で不動産業に携われた感謝をこめて贈る観劇ご招待企画。演者は水澤心吾氏、また特別演奏は山崎隆之氏の『サックス演奏』。杉原千畝・水澤心吾・山崎隆之各氏の紹介はネットでどうぞ。

◆今回の企画で私の無知で大きな間違いをしてしまった。こういった企画は「無料」はダメなんだそうだ。お金を払ってないので「行っても行かなくてもどちらでもよい」。だから人数が把握できないんだよと教えられました。なので是非皆さん、周囲の方にお声掛けしてたまごホールに。13時半と18時と2回どちらか選んで申し込んで下さい。真夏の観劇で久しぶりの感動を大いに味わって下さい。

◆この夏、平成3年─8年までの他の不動産ちらしのミニ日記を小本に纏める作業中です。その広告会社自体の会社譲渡やら、紙面縮小で掲載継続中止になったもの。短文ですので簡単に読みきれます。同時に平成2年『We are不動産プレーヤー』週刊住宅新聞社刊の一部、私の駄文を読み返した、面白い。そんな事で、過去を記録に残す面白みを少し感じている今日この頃である。

◆今年の『ベトナム教育里親の会』の会員募集に中々手がつかない。50名定員だが、まだ20名のみ、あと30名の里親を募集せねばならない。1年の会費が7,200円これを5年間続けて頂ける方のご支援をお願いしております。ハノイ市内の小学校入学─卒業までの5年間を里子として面倒見る高崎本部の奨学制度です。ハノイ市教育委員会で唯一、正式登録されている会でもあります。

◆一昨年、昨年と売り上げが低下、社員が3名退社、現在15名体制。この間経営改善のため①個人組織から株式会社に。②貝沢店閉鎖、1店舗に統合。そして22年正月広田住宅センターの売上目標を前年比125%とした。その結果スリム化したヒロタは現在137.5%。後半このまま突っ走りたい、さあ全員で達成しよう。少人数で最高の成績を。ご褒美は何がよいか、今から相談をしようぜ。

◆ワールドカップ岡田監督のこと、参議院選挙のこと、書いておきたいことがあるのだが。最後に一言『松浦市長どの、次回の市長選に一番に出馬表明して下さい。そして若い人と勝負を。横綱相撲を見せて下さい。後から様子を見ながら手を上げる人と本気で最後まで勝負して下さい。』新旧が、組んだおかしな移譲、禅譲を勘ぐられぬように。誰が一番に手を挙げるかな、純粋にまっ先に手を挙げる人って素敵だな。

2010年7月4日〔日〕20時40分書き終える
広田 誠四郎 記   


Posted by 広田 誠四郎 at 08:20Comments(0)リードプランニング