グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2008年10月09日

《手を合わせる・心のこもったお祈りを続けていくと》

(文中 敬称省略)
◆9月13日、広田の大本家、広田平一叔父の7回忌に参列。親戚は勿論、グンシナ関係・近親者が菩提寺、本元寺[北条邦治住職]に集う。懇ろにお経をあげて頂き、あり難くお焼香をさせて頂いた。叔父が亡くなってもう6年、その前の闘病生活が確か13年、随分と月日の立つのは早いものだ。ビューホテルでは智朗さん、初枝さん大変御馳走になりました。
◆住職のお説教は良かった。世界文化遺産の審査で登録延期の平泉の例をあげ、1年で100万人の観光客を呼ぶ観光地「中尊寺金色堂」のお参りの姿勢について。1000年を経過する中、村人が又、参拝客が真に手を合わせ続けていただろうか。お寺としての評価が意外と低かったのかな、と。『心あるお祈り』を地域が理解、徹底、実践すれば登録実現!?
◆平一叔父について。私の親爺金一と同じ年の叔父を私は勝手に親爺代わりに思っていた。きみ子叔母はお袋代わり。特に私が嫁さんを貰う時は本当に世話になった。『誠ちゃん、お金は大丈夫かい』から始まって本当に面倒見て頂いた。酒席もよく御一緒させて頂き御馳走に、またロータリーにも推薦頂き、又よく不動産の管理、維持についても相談頂いた。
◆叔父は私に対し多くの『大人』への教育をしてくれた。後年は私にすれば高額な寄付なぞもよくお付き合いさせられた。また叔父が本元寺の北条誠之住職、相沢利一医師[全員鬼籍に・東ロータリークラブ]等の呑ベー仲間に入れてくれた。これらが『大人への教育』!? でも実はそれが私は嬉しかった。叔父を偲ぶ心よい一日になった。19日命日には勿論墓参に行った。
◆そしていつもにこにこ、美人で優しくて社員にも、お得意さんにも誰にでも、『奥さん、きみちゃん』と慕われていた叔母。私達はどれだけの《癒し》を貰っていたのだろうか。昭和53年に52歳で亡くなった叔母の命日はこの31日である。久しぶりに叔父、叔母の話題をこの欄に書かせてもらえた事に感謝し、改めてお墓にお参りさせて頂こう。合掌。
◆20日は朝3時に高崎発、22日夜中1時半帰宅。こんな強行軍のメンバー!?は宮坂政宏、渡部恵知子、茂木光男さんと私。三浦敦朗さんは現地集合、倫理仲間5人で盛岡の又川俊三社長の『第7回感動大学』に参加。陽転思考の小田全宏氏、鹿児島知覧特攻隊の語り部 鳥濱明久氏、マニラ育成会の重度障害者の村田知己氏他、多くの講師から感動を頂いた。
◆特に「青年はこう生きるべき・挨拶は・目標は・成功は」東日本ハウスの中村功社長の実直な生き方、ものの見方に感銘した。心を揺さぶられた。もっと金銭崇拝臭い人のイメージを感じていたので全く逆、純粋に人の道を説かれる姿に大変な無礼を自分の中で謝った。中村、又川両社長とも四国出身の高卒、他国での成功にただただ頭が下がる。盛岡万歳、「感動を有難う」。
◆26日群馬県不動産コンサルティング協会の研修会。講師のプルデンシャル生命の佐藤剛さんに「営業のポイント」を、田中善信弁護士からは「不動産トラブル事例から解決法を」の研修を受ける。住宅、保険でのトップセールスの佐藤さんには『基本は同じ』事を教えられた。田中弁護士は苦学して資格取得したという、今度はその苦難時代の話を詳しく聞かせて欲しい。
◆10月4,5日 弊社の丸山敏幸社員とロータリーライラ研修で妙義少年自然の家へ。
高経大OB蒋雄軍さんの『中国に1万本の桜植樹プロジェクト』と総理大臣になり損ねた山本一太議員『国際人ってなに!?』2人の話。夜は山本一太バンドのライブ。昔こんな話をよく聞いた。ある県議が伊香保で宴会の最中『今日は芸者がつかないのか、それじゃー一太を呼べ』。
◆このイメージで、どアップ映像や、多くの会合で、駅や新幹線車中で男芸者一太さんを見ていた、気の毒に思っていた。でも一昨日の懸命に話す、歌う姿に感動を覚えた。少し見方を変え彼の生き方が『本物』かどうか見極めたい。自民党の中で育った人間だから、なかなかまともにはならないと思うが。若手といってももう50歳。親爺さんと同じく予告無しに逝ってしまうのはまずいよ。体をお大事に。
◆今晩京都に、お客様と打合せ後トンボ帰り。13~18日は、ハノイへ『ベトナム教育里親の会』お預かりしたお金150万円を届けに行ってきます。高崎市民が中心になってハノイの小学生250人に僅かな奨学金を届けさせて貰える喜びをいつも感じます。今回は樋口守夫、三浦敦朗、鳥屋恵美子さんのリピーター4人で。では行ってまいります。
以上
2008年10月6日9時半 雨
広田 誠四郎 書く   


Posted by 広田 誠四郎 at 12:46Comments(0)リードプランニング