グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2014年10月08日

《 ついに糖尿病にやられたか 》

◆私の健康報告第2回。8月21日の定期診断で『手足が冷たく少し気になるのですが』私の質問がきっかけ。『検査をしましょう、紹介状を』で国立病院に。25日受付、9月1日~5日薬の制限、2日四肢の心電図・24時間心電図。3日心臓CT、造影剤、10日心臓超音波、20日ー26日薬制限、23日再検査入院、24日カテーテル、25日退院。そして10月6日ー8日再入院で治療開始の予定、一気に病人らしくなってしまった。
◆受付時の待ち時間に比すと治療は早い。この1ヶ月が過ぎ去りもう治療開始、私の血管に『何か』を入れるのかな、イャだな。私は心臓が止まった訳でもないし、苦しみもなかったのだが。先生曰く『検査の結果、血管年齢は90歳位で、冠動脈内で高度石灰化を確認、よく何もなかったですね、糖尿病が全て原因ですよ、お酒も控えめにし、食事制限や軽い運動も続けて下さいネ』私は小声で『ハイ』。来月は3回目の報告をします。
◆9月6日御茶ノ水シニアサポート士講座 8日市長後援会 いすゞ柴田社長祝い 9日京橋 信託研修 ヴィンさんとベトナム訪問打合せ 10日大根原社長講話 倫理会議 11日田町決済 12日乗附町・田町決済 フナイ研修 13日RC米山セミナー 榛名町打合せ 14日高崎神社清掃 15日くいものや亮ライブ 16日古民家研修 17日大阪コンサル研修 18日県宅建研修 史志の会 19日渋川打合せ 
◆20日盛岡 感動大学 鍵山秀三郎会長講演 21日アミノ早稲田戦 大敗 25日渋川・栄町打合せ RC妻と家族例会 26日吉井・熊谷・福島・寺尾決済 プロバス安田賢一行政書士卓話 27日凜太郎東小運動会 元総社打合せ 29日宅建法定講習 30日外所旭画伯の相撲絵展 乗附決済 みはま会10月1日全体朝礼 栄町打合せ 2日ベトナム事前顔合せヴィン・ドァン・樋口・三浦さんも 3日伊勢崎打合せ
◆これに入院や病院通い、結構忙しかった、これからはこんな毎日が続くのか。倫理では病気になったら喜べという教えがある。私は今回、今、そのことを学んでいる。自分の体がどのような状態にあるのかよく判っただけでも『大もうけ』である。せいぜい先生の教えを守り健康管理をしていきたい。大宰府の本村靖夫会長は人工透析をしながら原稿書きをし、全国行脚で指導している、私は満身創痍の師匠には負けていられない。
◆盛岡では鍵山秀三郎さんの生きる姿勢を改めて勉強させて頂いた。又川俊三社長に良い講師をお呼び頂き改めて感謝。高崎からは三浦敦朗・渡部恵知子・小早祥一郎社長他4人が参加。マニラ育英会の奨学生OBも招待され感謝の言葉を語った、やはり異国の生徒・学生でも真面目に勉強をし、懸命に生きる姿勢に大いなる感動をもらう。21日の岩手日報に大きく彼の記事が掲載されていた。我々もベトナムから感動を持ち帰ろう。
◆この11日ー16日『第19回ベトナム教育里親の会・訪越団』大須賀正臣・小山内信・佐藤正雄・鳥屋恵美子・広田弘之・堀口栄一郎・丸山輝彦・丸山聡子・三木一弘・三木洋子さんと私の11名。初参加は堀口さんと丸山夫妻。多くの方々の応援で何とか会も活動できていますが現在ハノイ市教育養成所との意思の疎通が思うようにいかぬところも出てきています。今回どんな希望が出てくるか判りませんが我々の考えははっきりと伝えてきます。
◆私も幾つかの団体に属しているが会を長く続ける事は本当に大変ですよね。支援活動・親睦・同窓会・町内会ほか全ての会合が一つの目的を目指し、より向上させる事は難しい。考えてみれば仕事を続ける事も、もっと言えば人間を続ける事も大変ですよね。それに参加をする事、手伝う事、管理する事が楽しく、生きる励みになるようでなければ積極的な生き方が出来ない訳ですよね。如何に前向きに生きるか、一度考えてみませんか。
◆そんなこんなで、病院やら、出張やらで留守する事がより多くなりそうです。事務所にご来訪頂いても留守が多くご迷惑お掛けします、是非先に携帯090-3147-7545まで電話入れて下さい。非通知の方には返信できませんが他は必ず返信します。
それではハノイの子供達に皆さんの暖かい愛と奨学金を届けてきます。行って参ります。
10月10日は私の妻 広田 信子様?の誕生日
10月 4日は103歳 日野原重明様の誕生日
2014年10月4日午後4時書き終わる
広田 誠四郎 記
  


Posted by 広田 誠四郎 at 18:41リードプランニング