グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2010年11月10日

《『シマッタ・シャッターが閉まっている、エー、ラチカヨ』》

◆10月9・10日ロータリー地区大会。11日孫の凛太郎運動会。16日くまもり炭蒔き活動伊勢崎。18日東京出張・のれん会。19日高崎神社崇敬会。20日体の手入れ。21日日赤長野へ。23─28日ベトナム里親でハノイへ。29日ダイアパレス打合せ。31日山崎氏ライブ(河端和男君と)。11月1日全体朝礼・体の手入れ。2日トリンヴァン・ヴィン君に里子プロフィール翻訳依頼。3─7日中国重慶植林。

◆10月27日大田部保先輩(柳川町・陸上OB初代会長)に一冊の本を届けて頂いた。高々52期・新高会(古関武会長)が発行。75歳の想いを書き綴った分厚い一冊。山田博久・岡村晶夫・川鍋順一・大田部・深澤岩吉、各歴代会長さんを始め一廻り違いの大先輩に仕事でお世話になったり、何度も柳川町で奢っていただいたり。中央や海外で活躍した先輩の体験談は(世界)をしることになる。ズバリ、貫禄・重みのある本である。

◆これだけの先輩が執筆され、内容の濃さ、硬軟取り混ぜ、面白さが抜群。特に楽しさが文面から溢れている我が立教の先輩「まもちゃん」こと現会長の話。とても勉強になる。今回の重慶では一気に読了、大田部先輩に改めて感謝。他の多くの期でも発行済の記念誌があると聞いた。是非とも、当方に情報を教えてください。頂きに上がります。長年、高高京浜(東京?)同窓会でも立派な「翠巒」を発行。近々、手許に届くであろう。

◆ところで、重慶は4日間良い天気。19歳の笹原千佳ちゃんから71歳の成瀬爽さんまで精鋭10人と現地人20人で、2日間で1500本、ユーカリを植樹。98年の長江大洪水で小渕恵三首相が上流の表土流出を防ぐべく中国に協力を約束。99年の調印式から既に11年、重慶通いが続いた。今回で予定地域は全て完了、現地では来年は是非、その上流をお願いとの事。こんな日中関係の状態で続けるのかしばし、長考?に入るとするか。

◆今回は反日行動がある為、夜は外出を控えていた。6日朝5時半、まだ暗く濃霧の中、長江沿いを40分歩く、まだ暗い中、路上でない市場があり、シャッターが半分上がっていたので中に入ってまだ準備中の店内を見て、少しその働く様子を収めようとカメラを向けた。掃除のおばさんが何を話しているか大声で怒鳴っている、私に文句を言っているのは分かるがチンプンカンプン。撮らなければ良いんだろ。私は元の入口に向かう。がーー。

◆さっき空いていたシャッターが閉じている。「エーどうして、出してくれないのか」「シマッタ!ラチサレタカ」もうあのおばさんは怒鳴りながら50mに。「俺も軟禁されるのか」おばさんは10m、アキラメルカ、その瞬間シャッターが上がり始め、潜るようにして外に出た。外のランニング姿のおじさんが「どうして閉めているんだー、俺が入れない」と怒鳴ってくれていたようだ。門番のお爺さんがスイッチを押してくれたようだった。間一髪、アーア。

◆こんな事件は私も初めて。時間外に入った為か、カメラを向けた為か、単なる反日の為か、嫌な経験をした。以上、様にならないお話でした。話変わって、ここハノイは全く居心地が違う。私は14年間の奨学金専門の通い運び屋。「第15回ベトナム教育里親の会」の参加者は樋口守夫・三浦篤朗・佐藤正雄・中山幸子・高橋幸子さんと現地合流の広田弘之叔父と私の7名。ハノイは遷都1000年祭りを終え、未だその余韻が残っていた。

◆250人分の奨学金150万円を所長に手渡し、その後、市立盲学校訪問。あの杉良太郎が面倒みているウェンビンチョー盲学校だった。小学1年から9年生(小5・中4)1000人の健常者の生徒の中に、150人の視覚不自由児も同じクラスで一緒に勉強。助け合いの心が大いに発達するようだ。ここで感動したことが2つ、①コンピューターを音を頼りに勉強(私は眼も耳も悪いが見えぬ訳でも、聞こえぬ訳でもない)訓練の力は本当に凄い。やれば何でも出来る。障害者は全寮制の様だ、校舎内では自由に走り回っていた。

◆②楽器を使い演奏会を開いてくれた。ベトナムの、日本の歌を上手に奏で、歌ってくれた。最後は、群響合唱団の中山・高橋女史がリードして全員で「赤とんぼ」を唄う。私の目からは、熱い水がこぼれおちていた。素晴らしいリードを有難う。里子には6人が会えた。両親のいない子、片親の子、今回は会わなかったが、(枯れ葉剤)による障害を持った子も大勢いる。3代、4代とその影響は続くようである。戦争は本当に怖い。

◆今、ヴィン君に翻訳をしてもらっているので、12月初めには新会員の方々にはカワイイ里子のプロフィールが届くと思います。今年度、5名分の里子の親がまだ見つかりません。今すぐ申込み頂くと1ヶ月位で新里子のプロフィールが届きます。1年間7,200円を5年間続けて頂ける方お電話を。何時でも結構です、私の携帯電話090-3147-7545迄お願いします。今月も忙しい1ヶ月に感謝。

以上。

2010年11月8日〔月〕25時書き終える。
広田 誠四郎 書く
  


Posted by 広田 誠四郎 at 08:20リードプランニング