2018年01月11日

《明けましておめでとうございます》

◆【年男】今年の干支は戌、私も72歳になる。平成22年に『おまけの人生・もうけもの』(57歳―61歳)を出版。その前書きで、私の祖父広田松郎は71歳、父金一は50歳で没、私は83歳と予言したが、平成20年4月に軽い脳梗塞で一時期歩行困難になり、行動自粛、範囲の縮小をした。83歳寿命が61歳で没では勿体ない、そんなことで『おまけ』の題名をつけたわけ。その後68歳で心筋梗塞を発症、でももう3年強元気でいるからあと10年強の『おまけ』を楽しみたい。そろそろ2冊目の続編を出そうかな。
◆【年賀状】この10年以上私は賀状を書いていない。この文章が全国どこにいてもネットで見ることが出来、現状報告は出来ていると勝手に決めて欠礼。小中高大の同級生や先輩・後輩、お世話になった方々からの年賀状は本当に嬉しい。しかしいつの間にか戴く枚数が減ってきていた。それはそうだよね、こちらからは1枚も返事も書かないのだもの。「少しは忙しぶらずに礼儀を尽くさないと遊んでもらえなくなるぞ」の忠告。改めて有り難くお聞きしました。でも何枚書けるかな、印刷のみはイヤナンダヨナー。
◆【大晦日】31日バーバータジマで調髪、ご主人との会話「昔は24時迄営業、行員はその後集金をし、銀行に戻って金勘定、それから床屋に。よく働いたな」。私は子供の頃アパートの滞納家賃の集金に、父母から「除夜の鐘が鳴ったら請求は駄目だよ、それ迄に集金を」と、働く・稼ぐ事と、請求の違いを教えて貰った。それに比べるとーーー。私の大晦日は机の周辺の片つけをし、夜はTV「懐かしのにっぽんの歌」を見ながらこの原稿の準備に入る。余裕があるのか、やる事・やる気がないのか?随分と変わったね。
◆【訃報】12月29日立教先輩清水正巳氏80歳通夜、30日前橋紙工荒井綾子氏65歳通夜、12月3日森林(やま)の会宮下みどり氏60歳葬儀、5日サムオーナー佐藤安治氏72歳葬儀、本元寺世話人東瀬順三氏95歳通夜、11日写真館籠島和芳氏60歳・宮元町区長富田政留氏80歳葬儀、19日64期代表幹事群馬テレビ塚越真氏72歳葬儀、25日田町ひつじや松浦令冝氏94歳葬儀、26日トヨタの横田英一氏85歳没。私は30年前から竹中三郎翁の『ご縁を頂いた人へのお悔やみ・お別れは懇ろに』の教えを遵守している。
◆【お別れ】「まこ」ちゃんが逝く。4日前に新年会のチケットの件で電話したばかり、責任感の強い男だった。「まこ」さようなら。田町のひつじやさんには商売・お酒の飲み方を、躍進会で教えて貰った。横田会長には殊の外お世話になった。高崎立教会を全国校友会の雄として知らしめた力は、誰にでも優しく、暖かい人柄にあった。連日の会合でもお酒を控え、体に注意されていたが。18日の立教クリスマス会で『入院された』情報を。余りに急な旅立ち、とても残念、お世話になりました。2月8日お別れの会。
◆【葡萄屋寄席】8日、清水文四郎社長と立川談志師匠との交友からスタートした葡萄屋寄席も89回目の開催。もっと発展させ高崎市が笑点都市『落語の町』宣言をしたならば如何?この1年間で『高崎落研くらぶ』を組織し『お笑い落語月間』の企画をし、毎月市内公演が開催できるように。更に言えば小さな『お笑いホール』でも街の片隅に。高崎出身『林家つる子』の力も借り、賑やかな高崎を演出する。中国語専攻のつる子の楽しい中国関連落語なんぞも用意できぬものか。もしかして馬鹿うけするかも!
◆【目標】①健康管理、糖尿病治療 血糖値A1C7,7を7,0に・心筋梗塞リハビリ・体重76kgを72kgに②散歩 毎日15分と5、000歩、1週間で35、000歩③睡眠7時間 23時前に就寝・6時起床④週1日は休日(水曜日)④海外へ5回⑤―――。これだけでも全部実行はきついのであまりに書きすぎぬようこれでお終い。今年から水曜日休み。水曜日は5時―8時倫理勉強会、9時半―12時半迄リハビリ。私にとって人生初の定休日、嬉しくて今から何をしようか考えるのだが。分からない?
◆【三が日】私にとっては落ち着いたゆったりしたよい3日間、元日は、健太郎一家-史恵・凜太郎・万次郎そして金次郎・亜由美が揃って元日の挨拶を。長男一家は暮れに帰国し5日にはペナンに戻る。余りの寒さに来年の正月の事を来るかどうか、もう心配している。孫は毎日泊ってくれる、私のお返しは『人生ゲーム』につきあう事、遊んでやっている心算が、私が夢中に。小5と小1の賑やか・うるさいこと、来年は誠太郎?が増える予定、どうなることやら。少しは環境も、爺さんらしくなってきたかな。
◆どうぞ本年も宜しくお付き合いくださいませ。以上。                   
2018年(平成30年)1月3日
広田 誠四郎



Posted by 広田 誠四郎 at 16:26

削除
《明けましておめでとうございます》