2019年11月08日

『あなたの秋は、何の秋ですか?』

●続・ラグビーワールドカップ2019
前回のコラムでも取り上げましたが、日本代表は見事に悲願であるベスト8に進出しました。にわかファンとして、1ヶ月間の活躍とても興奮して観戦しました。ホスト国として試合の結果もそうですが「歴代大会屈指の盛り上がりとホスピタリティ」と大会運営委員会のコメント。各地域の連携、協力、おもてなし、それを感じた外国人選手・観光客の感動と感謝等のエピソードが多数紹介されています。スポーツを通じてこれほど人は心温まる交流が出来るのか、と改めてスポーツの素晴らしさを感じました。
私も、家庭でも仕事でもオフロードパス(倒れてもパスを繋げる技)を駆使して最高のトライを目指します!…上手なまとめ方をしたかったのですが、にわかファンの表現ですのご容赦ください。

●台風19号と八ッ場ダム
 全国的に見ても群馬県は山に囲まれている地理地形の恩恵を受け、他県に比べ地震や台風の被害を受けることが少ない印象を抱いていました。が、群馬県でも死亡者が出てしまい悲しいです。今回の台風報道ではダムの洪水調整効果について大きく取り上げられていました。八ッ場ダムも効果があったとか無かったとか議論されていますが、人の命が一人でも助かった可能性があるならばダムにかけた巨額の費用も決して無駄では無かったように感じている私は甘いのでしょうか。

●ハロウィンについて
 最近は渋谷では大量の若者が仮装して押し寄せ、スーパーやコンビニではオレンジと黒を基調とした店内の飾り、それに合わせた色合いのお菓子が並び、日本でもすっかり定着した感があります。
 本家アメリカでのハロウィンは、子供達が仮装して近所の家庭を回り「Trick or treat !(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!)」と叫んでお菓子を貰いますが日本で私は見たことがありません。日本では各家庭に閉じこもって、お菓子を食べる程度。
 アメリカでは、近所の人にお菓子を貰って、お互いに顔を合わせて仲良くなり、他人と関わる事、与え合う事を学ぶ。一方、渋谷で仮装して乱痴気騒ぎをしている行為、自治体は事故を起こさない為の警備に1億円強の税金を投入。人それぞれの人生の楽しみ方にケチをつけるつもりはないのですが、災害被災地に「ハロウィンで騒いだつもり」募金として、お金使った方が日本の為に良くないでしょうか。

●秋、酒蔵にて

結婚後久しぶりに(2~3回目?)夫婦だけで「秋、酒蔵にて」と言う前橋での飲食イベントに参加。テーブルで同席した倉賀野町のお寺の若住職。スラリとした体形で、職業柄か声がとても良く通り、なにより腰の低い姿勢が好ましく、すぐに打ち解け仲良くさせて頂きましたが、話していると大変な美食家。地方に美味しいものを求めて遠征を繰り返しているそうで、高崎でも私の知らない店を幾つも教えてくれました。
 また、同じ高松中(柔道部でも)・高崎高校と過ごした一学年下の柴田君とも久々の再会。妻の前で「先輩~、先輩~」と持ち上げてくれて、変わらない彼の気遣いと優しい人柄に触れることが出来て、昔を思い出しながら、笑い合い、お酒と共に素敵な時間を過ごせました。

●新たな意識と習慣作りの秋
 食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋とそれぞれの秋があるかと思います。今のところ例年通りの「食欲の秋」が先行していて、40歳を超えても未だ衰えない自身の食欲は、先日行った人間ドックの結果、中性脂肪以外の数値は全て基準値範囲内だった為の油断も働いています。
今は、若さでなんとかなっている事を十分自覚していますし、このまま5年も今の生活を続けていたら私の身体は病気のデパートになってしまうでしょう。
と言っても、短期間で急激に無理して痩せても、そこで止めてしまって短期間で元に戻ってしまう事を繰り返ししてきましたので、今回は緩くても継続的に身体を動かす事が当たり前になる様な習慣作りに励もうと思います。
そして毎日仕事ばかりで、たまの休日もセミナーや勉強会に出かける日々ですので、成長していく子供と触れ合う時間も、もっと意識的に作らなければと感じています。
先日、兄から「中学生にもなれば子供の方から離れていくんだから、家族と過ごす時間を大事にしなよ。1日1日成長していく子供と触れ合う時間はものすごく貴重で2度と経験できないんだぞ」とアドバイスを貰いました。
幼少期の親と一緒に過ごしたイベント自体は、覚えていないかもしれませんが私もそうであるように、親の愛情は記憶の片隅に必ず残るはずです。
家族をないがしろにしてまでガムシャラに働く事がカッコいい時代は終わり、仕事やストレスを言い訳に暴飲暴食を繰り返し、体型、体調を健康に保てない人間は正当な評価を受けられない時代が来るかもしれません。会社を成長させ、皆を幸せにしたいと願うなら、まずは私自身の心身が健康に健全になることです。「新たな意識と習慣作りの秋」を目指し今年も秋を楽しみます。

2019年10月30日 広田 金次郎

 


同じカテゴリー(リードプランニング)の記事画像
『日々、ワクワクする事に出会う』
『原稿用紙1枚分文字数減らしましたが、読みやすくなりましたか?』
『6月のボン・ジョヴィ』
《令和時代を1ケ月過ごして》
 『ありがとう平成、ようこそ令和』
 『春が来た♪春が来た♪どこにきた?』
同じカテゴリー(リードプランニング)の記事
 『日々、ワクワクする事に出会う』 (2019-10-11 12:16)
 『晴れ晴れと活き活きと愛情をもって』 (2019-09-13 17:32)
 『原稿用紙1枚分文字数減らしましたが、読みやすくなりましたか?』 (2019-08-10 11:56)
 『6月のボン・ジョヴィ』 (2019-07-12 19:29)
 《令和時代を1ケ月過ごして》 (2019-06-18 19:52)
  『ありがとう平成、ようこそ令和』 (2019-05-11 09:20)

Posted by 広田 誠四郎 at 17:50 │リードプランニング

削除
『あなたの秋は、何の秋ですか?』